独立エネルギー日

PCDDEI(プラットフォーム、コミュニケーション、持続可能な開発、産業エコロジー)の社長Jean-Marc Lefevre氏

世界の温室効果ガス排出量の25%を占める米国は、オーストラリアと並んで、京都アカデミーの「悪い生徒」と見なされています。 あらゆる種類のNGOから非難されているにもかかわらず、彼らは退院を減らすための野心的な経済的および科学的計画を発表しています。 アナウンス効果または巧妙に考え抜かれたリベラリズム?

国家計画…惑星

ブエノスアイレス、帰り? 7第4回締約国会議の数年後、世界各国政府はアルゼンチンの首都で、京都議定書の非常に近い発効である16 2月2005を検討し、進捗状況を把握することに気付きました。 同じ場所の "version1"のように、米国は署名なしで到着します、しかし主要な声明とポスト京都計画、それが動員するドルによって本質的に信頼できるようである、気候ビジョン。
1997年、米国はブエノスアイレスで、アメリカの領土、森林、国立公園、さらには深い地質層に「貯蔵」されたCO2の膨大な堆積物のタイムリーな発見を発表しました。 NGOの怒り、彼らの間で合意に達するためにすでに多くのことをしなければならなかったヨーロッパ諸国の怒りは、彼らの「バブル」で喜んでもがきます。 それにもかかわらず、米国は、特に2003年XNUMX月に正式化したカーボンシンクについて、その道を歩み続けました。 Forum 炭素隔離に関する国際会議(CSLF)も、15のEU諸国(フランスを含む)を魅了しました。 それはもはや実際には森林のヘクタールを数えることの問題ではなく、最後に油井の塩水空洞にそれを「閉じ込める」ことによって、産業家または大規模な共生プラントから来る源に二酸化炭素を貯蔵することの問題です。操業中、または廃坑で。 石炭は米国にとって重要な問題であり、今日、
世界の埋蔵量の22,9%(アジアの場合は36,2%)。 そのため、2002で発表されたFuture Genという主要な抗温室効果プログラムの1つ、すなわち、電気と水素の複合生産は、まったく普通のことでした。 CO2生成物の隔離、またはCO2超臨界(優れた溶媒)への変換を伴う石炭。

1年間で10億ドル(半分は米国政府から資金提供)。

また読みます:  風力発電機をオルタネーターで収益化する

これは、この主要なリソースに大きく依存している国にとって興味深いものです。特に、CDM(Clean Development Mechanisms)の潜在的な受益者である、あまり進んでいない国のグループに属している場合はそうです。 炭素隔離がこれらの柔軟性メカニズムにまだ正式に組み込まれていない場合でも、ブエノスアイレスの米国の目的のXNUMXつは、これらをこの新しいグローバル会計に統合することです。 温室効果の削減に関する世界的な連帯の名の下に、アメリカの土壌で直接収集される非常に多くのクレジット。
FutureGenと並行して、米国の優先事項の一つである水素とその道路輸送への応用もあります。 これはFreedom Carsプログラムで、2020によるすべての量産車、特にトラック用の燃料電池の一般化を目的としています。 推定貯蓄量:米国だけで、年間500百万トンのCO2。これは、この機会に、ほとんどの工業国の癒着を得ることに成功しました。

また読みます:  車の生態学的分類

農業は排出量を削減するよう求めた

2月には2002は、温室効果ガス削減のフォークの下を通過し、米国農務省でした。 目的:森林を保全することが特に積極的なプログラムと、12で保存された炭素相当の2012万トン、だけでなく、農業廃棄物、集中的な植林に「バイオガス」の設立(特に保護地域で)、およびそれらに彼らの隔離率の財務評価を可能にするために農家のために非常に教育方法。 間違いなく、米国は大規模なLULUCF(土地利用、土地利用保全と林業)を再生、クリーン開発メカニズムは、もともとアマゾンの熱帯雨林を維持するために想像しました...

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *