常温核融合は、DOEによると、停止してい

この記事を友達とシェア:

物理学者の一握りの要請に応じて、エネルギー省(DOE)は、ここ数カ月の間に常温核融合に関する最新の研究成果の評価を行いました。 公聴会が開催され、出版は専門家の18のパネルで分析しました。 しかし、提示された結果は、ほとんど進展が特に実験の再現性の点で、15年の間に作らされた政府機関を説得しませんでした。

これは、スタンレー・ポンスとユタ大学のマーティン・フライシュマンが、彼らは星に起こる解放エネルギープロセスを再現したと発表したとき、常温核融合は、その最大の全盛期を経験していること1989です水重水素含有の単純な瓶インチ 難易度はこの成功を繰り返すことを他のチームに遭遇しましたがすぐに常温核融合を信用し、科学者の唯一の小さなグループので、被写体に動作するように続けました。 レビュー結果のためのDOEへの対処、これらの既約は、研究資金を取得することを望んだが、その願いは、おそらく部分的にしか満たされます。 専門家の三分の二が行われた実験で核反応の現実を確信されていなかった場合は、ほぼすべての言ったこと(このような金属の存在下での水素の挙動の問題など)常温核融合のいくつかの非常に特定の側面さらなる作業のために考慮されるに値します。 NYT 02 / 11 / 04(常温核融合上の証拠は、新しいレビューを見つけ、決定的まま)

http://www.nytimes.com/2004/12/02/science/02fusion.html

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *