DOEによると、常温核融合は停滞する

一握りの物理学者の要請により、エネルギー省(DOE)は、ここ数ヶ月のコールドフュージョンに関する最新の研究の評価を実施しました。 18人の専門家のパネルによってヒアリングが組織され、出版物が分析されました。 しかし、提示された結果は、特に実験の再現性に関して、XNUMX年間ほとんど進展がなかった政府機関を納得させるものではありませんでした。

コールドフュージョンは、1989年にユタ大学のスタンリーポンスとマーティンフライシュマンが星で発生するエネルギー解放プロセスを再現したと発表したときに、最も栄光の日を迎えました。重水素を含む水の単純な瓶に。 しかし、この成功を繰り返す際に他のチームが直面した困難は、非常に迅速に信用を失墜させたコールドフュージョンであり、それ以来、少数の科学者グループのみがこの問題に取り組み続けています。 DOEにアプローチして結果を調査することにより、これらのダイハードは研究クレジットを取得することを望んでいましたが、彼らの希望は間違いなく部分的にしか認められません。 専門家の02分の11は、実施された実験で核反応の現実を確信していませんでしたが、ほとんどすべてが、低温溶融の特定の非常に特殊な側面(金属の存在下での水素の挙動の問題など)について述べました。さらなる作業のために検討するに値する。 NYT 04/XNUMX/XNUMX(コールドフュージョンに関する証拠は未だ決定的ではなく、新しいレビューが見つかりました)

また読みます:  ビーバーは2007で流通しますか?

http://www.nytimes.com/2004/12/02/science/02fusion.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *