南極の氷河作用:海洋起源ではなく大気起源

2003年初頭にNatureで発表されたジャーナルPaleoceanographyの32つの記事は、35万年前に南極の氷冠の形成を説明するために最も一般的に進んだ理論に挑戦しています。 何十年もの間、気候学者は、2000万年前に南極とオーストラリアの土地の分離がその場の暖かい海流を抑制し、数キロメートルにわたる氷層の冷却を引き起こしたと信じてきました。今日は南極点。 しかし、XNUMX年にタスマニア島の海岸(過去にはXNUMXつの大陸を結ぶ橋であった)から採取されたサンプルの分析は、別のシナリオを示唆しています。

実際、パーデュー大学(インディアナ州)およびさまざまなアメリカおよび国際機関(スウェーデン、カナダ、オランダ、イギリス)の研究者は、始新世からの堆積物(-54〜 -約35万年)、冷水に関連する微生物の化石。 大陸が破裂するまで氷河作用を防ぐ熱流の仮説と矛盾する発見。 チームはまた、タスマニアと南極の間の開水と急速な氷河現象(数千年)の間に2004万年が経過したことに注目しています。 科学者にとって、始新世とその後の冷却の間のこの地域の不可解な暖かさの最ももっともらしい説明は、空気中の二酸化炭素レベルの大規模でかなり急激な低下でしょう。 チュニジアのエルケフで見つかった化石の分析に続いて、同じことがすでにこの理論を提唱していた(03年春に発表された研究)。 確認されていないこの理論は、現在の地球温暖化に関連した懸念を強化します。 大気の変化は、比較的短い地質時代に大きな影響を与える可能性があることを意味します。 01/05/XNUMX

また読みます: RTBFのラプルミエールで放送されるエコノロジー

(南極の氷冠の新理論)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A43455-2005Jan2.html
http://web.ics.purdue.edu/~huberm/
http://news.uns.purdue.edu/html4ever/2004/041227.Huber.Antarctica.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *