自由エネルギーおよび未知のテスラエンジニアリング


この記事を友達とシェア:

オープンエネルギーパッケージ

自由エネルギーのものと非常に敏感な問題は、我々は簡単にしか呼び起こすことができます。

簡単な概要については、 システムの存在下で、彼らよりも明らかに多くのエネルギーを生産するときに我々は(他の人が真空エネルギー、synerieまたはゼロ点エネルギーの話を)自由エネルギーについて語ります提供しています。

これらのデバイスは、したがって、ユニティ上記(外部マクロ観察のため)生じるであろう:私たちはsurunité(overunityまたは英語)を話します。

Or comme il ne s’agit plus d’un appareil fermé mais d’un appareil ouvert tirant leur energie de l’énergie du vide « intermoléculaire, interatomique » et du vide séparant d’autres particules subatomiques.

ここでは真空エネルギーのこの概念を導入科学らVIEの非常に良い問題は、次のとおりです。

生命科学と自由エネルギー、真空エネルギー

テスラ未知の天才!



テスラ

Nikola Tesla semble être le premier ( scientifique moderne ) à avoir parlé de ce nouvel aspect de la science.( Sous le nom d’Ether) D’abord contesté par Einstein, ce nouvel « aspect » de la Science fut accepté quelques années plus tard par ce dernier.

(よく前と)ニコラ・テスラの仕事以来、多くの発明者は、彼らが提供しているよりも多くの作品を制作発電機やマシンを構築していると主張します。

確かに、 永久運動は、最初の(おそらく偉大なエジプトの王朝の期間)以来の科学技術者が存在するキメラであります...

Or Nikola Tesla, père du courant alternatif ( alimentant le monde entier ), semble avoir été effacé ou du moins minimisé des livres d’histoire et est presque ignoré par la communauté scientifique actuelle. Or Tesla etait pourtant un génie et il était considéré, à une certaine époque comme « l’autre Einstein ».

Pourquoi le père du courant alternatif, utilisé et alimentant la planète toute entière est-il si méconnu ? Alors qu’on parle tellement de son » médiocre concurant » Mr Edison ( ceci dès l’école primaire comme inventeur de l’ampoule à incandescence au rendement catastrophique et toujours utilisé massivement de nos jours ) ?

質問をする正当なものです! 彼のヒューマニストのアイデアのいくつかは自由エネルギーを分配することを意図していたので、多分それはですか?

どのような議論が開いたままであるが、我々はテスラの興味深いレコードを読み取るすることを勧めます。

ドキュメントともっと

テスラと彼の人生と研究上のフォルダ.
ゼロ点のエネルギー概念に投稿. On y voit Tesla ( mort ), Harold Puthoff ou encore Stanley Meyer ( mort ) : des « figures » de l’énergie du vide.


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *