水ファイル:不足、汚染、腐敗

マークライメ、
396p、Seuil、2003年。

水不足

要約
1,4世紀の夜明けに、私たちの社会は逆説的に15世紀の終わりと同じ問題に直面します。それは、すべての人間が飲料水にアクセスできるようにすることです。 世界中でXNUMX億人以上が安全な水を欠いています。 毎年XNUMX万人以上の人間がそれで亡くなっています。 不足は殺している。 しかし、この不足は心配する行動によって悪化します。 「共通の利益」から、水は巨額の投資を収益性の高いものにしたいコングロマリットの利益のための商品になりました。 私たちの国は市場でXNUMXつの主要なグローバル企業の本拠地であるため、フランスはここで特別な責任を負っています。 活発な抗議運動は、基本的な人権として認識される飲料水へのアクセスを求めて戦っています。 フランス自体では、集中的な農業によって引き起こされる壊滅的な汚染に加えて、圧倒された産業の法外な特権と、消費者と納税者が苦しむ彼らの不透明な金融慣行が議論されています。 しかし、改革プロジェクトは立法的な海の蛇に変わりつつあります。 食品の安全性や産業上のリスクと同様に、今日の水は、環境、公衆衛生、民主主義の観点から大きな問題となっています。 嘘をつかずに現実的で寛大な政策を無視し続けることのできる政府はありません。

また読みます:  資本主義のボール

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *