ボーナス・マルス:重点施策をさらに明確にしません。

この記事を友達とシェア:

26気候計画が最も汚染の車に課税し、効率的な車を買うためにフランス語を奨励すべきところはどこでも2004は、6月の「ボーナス・マルス」を発表しました。 「ボタンは、私たちの都市のうち、大quatquatをpushins! 「すべてのメディアのスローガンでした。

これは、京都議定書を信じて誰ナイーブを注文するロビーを思い出させるために時間はかかりません。 これらは、これは茶番、はったりであることを理解していませんでした。 これは、実際に目に飛び込んでくるもののために心からのマイナーな措置が、そのコストを見つけることです。
しかし、このエラーが修復されています議会に提示される計画は、そのジャンルに少し宝石です。 帯電した90百万ユーロ(初年度)、それは以下となります。
(電気製品に既に存在するもののような)かなり「エネルギーラベル」車、生息地やエアコンを入れ-to。
-to制限速度を尊重を促進する(ただし、予定通り高速道路でのkm / hを120するそれを下げます)。
-to新しいドライバーに優しい運転に訓練を提供する(1は....結果を想像することができます)。
航空輸送の影響に関する研究を起動-to(彼らはパンを食べて、それが占めています)。
(代わりにコストを削減し、パフォーマンスを向上しようとしているの社会の仮定にのぼる)経済的な機器を選ぶ人々が享受税額控除-d'augmenter。

結論:驚くことではありません。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *