議会は小さな風を窒息させる

テキストから抽出:

「風力エネルギー立法シリーズの最初の部分は、国会で終わります。 昨夜、国会議員はエネルギーオリエンテーション法の改正に投票しました。 今後、EDFによる電力購入義務の利益は、これまでのように12メガワット(MW)以上の電力を持つ公園に留保されますが、 「20メガワット以上が、長官によって特定された風力開発地域にあるという条件で」 (1)。 テキストの背後にある68人のUMP議員によれば、フランスの風力発電からの離陸に役立つ修正案。 この分野の産業家にとって、フランスの風力エネルギーは終わります。 29人のUDFとXNUMX人のUMP代議員がしたように、PS、PC、グリーンは反対票を投じました。 しかし、このテキストはXNUMX票でXNUMX票に採択されました...」

コメント:フランスは、再生可能エネルギーの面で尾を引いていました。 悪い生徒は粘り強く署名します。

また読みます: 環境汚染のない経済成長?

記事を読む

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *