成長、GDP、エネルギー消費:エネルギー源

エネルギーと経済成長:概要! レミギレットによる。 第二部:エネルギー源、化石かどうか。

読みます パート1:エネルギー消費と経済成長, パート3:税金、経済的解決?.

世界での化石燃料の使用...

よく調べてみると、実際には化石の「エネルギー」材料の約95%がエネルギーに変換され、残りは変換産業の基盤であるため、成長と経済発展に非常に重要な役割を果たしています。複数の面を持ち、多くの場合付加価値の高い「ペトロケミカル」:プラスチック、複合材料、および石油から抽出されたナフタの重合のその他の副産物…私たちの道路の究極のタールまで。 このように、1980年以降に生まれた人は、あらゆる形態のプラスチックで作られた家庭環境にほぼ独占的に住んでいます!

しかし、化石エネルギーによってとられるさまざまな形態の中で、石油は、その液体形態、圧力と温度の通常の大気条件下での安定性、そのエネルギー密度(エネルギー)のために、今日でも間違いなく最も求められている形態です。体積と重量の単位あたり)、それらから抽出される燃料の「保管可能性」または搭載容量。 石油は、陸、海、さらには航空輸送にとっても卓越したエネルギーであり、世界の輸送に必要なエネルギーの最大95%をカバーしています。 (これは、総石油消費量の52%、世界の総エネルギー消費量の23%にも相当します)。

私たちの主張と石油の戦略的重要性を裏付けるために、50年代半ばまで、求められていた石油の代わりに天然ガスの堆積物を見つけることは呪いでした...そしてそれ以上のものはありませんでした。フレアで呪われたガスを燃やすために! (フランスは、ヨーロッパで最初にラックフィールドで天然ガスを開発した国であり、その開発は当時始まりました)。

部門別の世界的な石油の使用

世界での石油の使用(エネルギー観測所からの1999年のデータによる)

化石エネルギー埋蔵量の状態..。

消費された化石エネルギーは(少なくとも私たちの時間スケールでは)更新されません、それは自然によって提供される恩恵と見なされるストックです...私たちが引き出したストック(そして私たちはやる!)数えずに! そして、すべての貯水池に底があるので、この在庫は不足していて、今日、井戸が乾く瞬間、マナの搾取が減少し始める瞬間、ピークの瞬間を知りたがっている人もいます。 - 油。 実際、専門家の間で質問が議論された場合、今日生まれた子供たちは、成人期に、この瞬間に生きると思います...そして、不足と、さまざまな性質、特に地政学的な緊張を引き起こす可能性のあるすべてのもの...基本的に、15年または30年のピークオイルは、私たちの世代にとっても、次の世代にとっても、問題を変えることはありません!

また読みます:  成長、GDP、エネルギー消費:エネルギー税と新しい経済モデル?

しかし、私たちの見解によれば、そしておそらく幸いなことに、生態学的制約は、特にピークのかなり前の石油への熱狂に影響を与える「もちろんの変化」を合理的に義務付けなければなりません-石油…(または他のピークガスピークコールは後で発表されます)

ここで、(サイトManicore-Jancoviciに収集されたデータ)は、いくつかの株式のヒントと可能な進化があります。

2005年の終わりには、世界の究極の化石燃料埋蔵量の範囲の「上限」は約4 Gtep(000億トンの石油換算)に達し、次のように分類されました。

a)約800Gtepの「実績のある」埋蔵量

実績のある世界の埋蔵=化石資源

*または年間約9Gtepの化石エネルギー
**例えば、オイルシェールなどの天然ビチューメン

b)3 Gtepのいわゆる「追加」埋蔵量を追加できます。これらの埋蔵量は、確認される(「発見される」)貯留層と、すでに発見された貯留層に含まれるすべての炭化水素の抽出可能な部分で構成されます。技術が進歩すると稼働します...)
他のエネルギー源に関しては、今日は全体の4%…(明日は私たちのエネルギー需要のほぼすべてをカバーします!)

原子力

ウランの埋蔵量について話すことはめったにありません:100年または…1000年?

フランス原子力エネルギー協会によると: 「現在の原子炉で使用されているウラン資源は、今日評価されている石油資源と同様に、世紀規模で使用されています。 一方、高速中性子リアクターのおかげで、数千年の規模で私たちのニーズをカバーすることができました…」.

「再生可能品」はどうですか

住宅用温水と暖房(たとえばソーラーパネルを介した)の生産とは別に、再生可能エネルギーは主に電力を生産することを目的としています…しばしば高価な電力です!

発電コストの比較

「一次」エネルギー源によると(€/ kWhのctsで)

UNDPおよびDGEMPデータから作成されたテーブル。 「外部性」を考慮しないコストや、迷惑などの間接的なコストなど。

、そのソースに応じて電気エネルギーのコストを比較し、再生可能かどうか

ヴァル低。 bFの=「範囲の下限」の最小値に関連して

ヴァル低。 hFの=「範囲の最高値」の最低値と比較

例えば、PVは、それが25 125の間、したがって両方のRb及びRh倍であり、12,5と35,7€セント/ kWhとの間です。

また読みます:  フィリップ・セギン、公的債務詐欺を非難

さらなる説明:価格比較を容易にするために、著者はコスト範囲の各最小/最大を、高い見積もりと低い見積もりで、2つの最も重要でないコストに関連付けました。

つまり、次のようになります。
-Rb、最低最低推定値= 2(油圧用に到達)
-Rh、最高最低推定値= 3.5(原子力発電に到達)。

したがって、これにより、エネルギーが他のエネルギーと比較して競争力を持つ「チャンス」があるかどうかを一目で確認できます。 たとえば、光起電では、これは事実とはほど遠いです。

多くの場合、非常に広い範囲は、さまざまなサイトとインフラストラクチャのコスト(建設、運用、人的資源など)によって説明できます。

油圧エネルギー

従来の油圧(ダム)に最適な場所が今日使用されています。 今日の大きな未知数の中で、気候変動とその水文学への影響についての不確実性、この目的のために新しい自然の場所の破壊を(民主的に)受け入れる能力について言及します!

次に、マイクロ油圧式または河川流用タービンがあります…その可能性は計り知れません!

太陽光発電

この発電技術は、従来の水力または原子力よりも12〜36倍高価です。 大きなフットプリントが必要です。 そのアプリケーションは、電力貯蔵の問題を提起します...
したがって、大きな期待はリチウム電池技術に基づいています。 したがって、電池によって、電気自動車と光起電車は運命を結びつけました…リチウム供給に関して同じ緊張で(限られた量で、不十分に分配されました:ボリビア、チベット…)。

風力と「油圧」

この場合、電力の生産は水力発電や原子力発電の2,5〜3,7倍の費用がかかります。 また、陸上の風力タービンによる騒音汚染についても理解し始めています。 水中油圧技術の場合、地域の海洋生態系が乱される可能性が非常に高いです。
したがって、従うべきXNUMXつのテクノロジー...

バイオマス

木材だけが「バイオマス」資源ではない場合でも、木や他の森林は二重の利害関係を表しています。 エネルギー源(および建設資材)であり、海の後の「陸域炭素シンク」も構成します*。 したがって、伐採された成木は、その光合成能力、したがって数十年後のCO2吸収の観点からのみ交換されることを覚えておくことが重要です。 そして、この発言は、反応するのに15年しかなく、したがって地球温暖化を数度に制限すると言われるときに最も重要になります(数についてはあまり正確ではありません!)。
それで、今日の時点で、少なくとも15年の森林伐採の世界的なモラトリアムがあると仮定するのは合理的ではないでしょうか?
*温暖化はこの増加を阻止しますが、海洋は大気中のCO2含有量とともに酸性度が増加するため、プランクトンの開発、そして最終的には生活連鎖全体に重大なリスクをもたらします。 主なリスクは暴走する温暖化です。

また読みます:  富に関する10の決まり文句

バイオ燃料

バイオ燃料も製造に費用がかかります。 それらを立ち上げる(競争力を高める)ために、多くの州がそれらに課税する準備ができています(パート3:税金の開発を参照してください、それで私たちはそれらの生産の平均コストのアイデアを持っています!)。 さらに、世界の特定の地域および特定の「セクター」にとって、「バイオ燃料事業」の炭素フットプリントは非常に物議を醸しています!
しかし、このテーマに関する繰り返しのニュースは、バイオ燃料の最も基本的な問題を思い出させます。それとともに、「飲むかドライブするか」の後、食べるかドライブする時が来ました! "。

実際には、燃料としての用途については、石油の代替ルートはまだ見つかっていません。 それで、私たちは今(ミクロ)藻に目を向けます...そして 「Algofuel」が発足(すでに!)第XNUMX世代のバイオ燃料。 最も重要の戦略的な問題があります。

その他の「未来」: メタンハイドレート.

メタン水和物はあまり公表されていません。 しかし、すでに2000年頃、カリフォルニア海洋学研究所のスクリップス(La Jolla)で、海底の深部に3000年のメタン水和物の埋蔵量があると聞いた( '一般的な温度および圧力条件下で、メタンの分子をトラップする6〜7分子の水の作用)。

この情報は、今日、たとえば「mediatheque delamer」サイトで見つけることができます。
「…私​​たちの地球では、海底と永久霜には約10億トンのメタン水和物が含まれており、石油、天然ガス、石炭の合計の000倍の埋蔵量があります。 これらの埋蔵量は堆積物に分散しているため、従来の掘削では抽出できず、採掘およびルーティング技術を開発する必要があります。 日本周辺の海だけでこの資源の量は、天然ガスの全国消費の100年に相当すると推定されています…」。

したがって、次のように付け加えます。現場で電気を生成するロボットによって、これらのメタン水和物をその場で「抽出」するのではなく「消費」することを想像してみてください。大気中、同じ深さで放出されたCO2は海水によって溶解され、水生植物による光合成によって再変換されます…したがって、大気に到達する可能性はほとんどありません。

-詳細を確認し、 forums: エネルギーとGDPの合成
- 読む パート3:世界中のエネルギー税。 新しい経済モデルに向けて?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *