オゾン:臭化メチルの難しい除去

段階的に廃止されたオゾン層破壊物質のうち、CFCはおそらく最もよく知られています。

それらが大気中に数十年持続し、冷蔵庫などの日常のオブジェクトに存在していたことは事実です。 しかしあまり知られていないが、臭化メチルは大気中のオゾンにとっても同様に有害な製品です。この農薬は、モントリオール議定書で設定されたスケジュールに従って、2005年に先進国から完全に消滅します。

ただし、米国は、さらに2006トンの臭化メチルを使用するために、6.500年の新しい免除を要求しています。

アメリカの要請は、17月7日から16日までセネガルのダカールで開催されているモントリオール議定書の第1987回締約国会議で審査されます。 XNUMX年に採用されたこのプロトコルは、大気中のオゾン層を破壊する物質の除去、つまり紫外線から地球を保護する「シールド」を組織しています。

また読みます: GoogleのSEO:それはSEO GoogleのGogoleになりますか? ユーザーFeindlyのユーザーフレンドリーな?


続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *