モーリシャスは風のエネルギーを開発したい

太陽エネルギーとバガスと石炭から生産されたエネルギーの後、モーリシャスは再生可能エネルギー資源の使用を最大化するための国家政策の一環として風に転じている、とパナは水曜日に政府筋から述べた。

現在、島で唯一の電力供給業者である「中央電力委員会」(CEB)とインドの会社Suzlon Energy Ltdとの間で、この問題について話し合いが行われています。島の中心にあるビガラの風力発電所から

政府関係者によると、これは、世界市場での石油製品のコストが絶えず上昇していることを考えると、再生可能エネルギー源の開発を支持する国家政策と一致しています。 また、この分野への投資を奨励するために、モーリシャスとインドの間で締結された覚書と一致しています。

「この電力生産パークには、25メガワットの生産能力を持つ約XNUMXの風力タービンが含まれます。 しかし、生成される電力は、関係する地域の風速に依存します」と彼は指摘しました。

また読みます:  環境、より具体的には温室効果とエネルギーについての現在の誇大宣伝についてどう思いますか?

風力エネルギーは、1987年に南のグランドバッサンに風力タービンが設置されたモーリシャスでは新しいものではありません。国連開発プログラム(UNDP)の助けを借りて、17年後に放棄されました。スペアパーツの供給に問題があるため、数か月の運用。

モーリシャスに依存する北東350 kmのロドリゲス島には、2003の3つのタービンを備えた小さな生産ユニットがあります。

島の電力生産の約56%は重油、39%はバガスと石炭、5%はタービンを回す水によって供給されています。

ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *