オイル:終わりの始まり?


この記事を友達とシェア:

非OPEC諸国の石油生産は「2010直後」に減少するとIEAに警告

国際エネルギー機関(IEA)は警戒心はありませんが、来るべき明日のために国民を準備し始めています:2010の直後、国家機構のメンバーではない国家の生産石油輸出国(OPEC)は減少し始めるはずです。 この悲観的な予測は、消費者国の利益を守るために1974が11月にリリースされた2005の年次報告書「World Energy Outlook 7」で発表するため、政府機関が請求したメッセージの1つです。

非OPECには、ロシア、中国、米国、メキシコ、カザフスタン、アゼルバイジャン、ノルウェーなどの大規模生産者が含まれており、現在、世界の原油の60%を供給しています。 「従来の石油生産-重油とビチューメンから-は、2010の直後に上限に達します」とIEAの経済研究部長Fatih Birol氏は述べています。 将来の生産プロファイルは、技術、価格、投資に依存します。 "


続きを読みます

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *