オイル:終わりの始まり?

非OPEC諸国の石油生産は「2010年直後」に減少するとIEAは警告している

国際エネルギー庁(IEA)は警戒心を持っていませんが、残念な明日のために世論を準備し始めています。2010年の直後、組織のメンバーではない国の生産石油輸出業者(OPEC)は減少し始めると予想されます。 この悲観的な予測は、1974年以来消費国の利益を擁護する責任を負う機関が2005月7日に公表した年次報告書「WorldEnergyOutlookXNUMX」で発表するメッセージのXNUMXつになるでしょう。

「非OPEC」には、ロシア、中国、米国、メキシコ、カザフスタン、アゼルバイジャン、ノルウェーなどの大規模生産者が含まれ、今日では世界の原油の60%を供給しています。 「重油と瀝青を除く従来の油の生産は、2010年の直後に上限に達するでしょう」とIEAの経済研究ディレクターであるFatihBirolは説明します。 将来の生産プロファイルは、技術、価格、投資に依存します。 「」

また読みます:  熱:エアコンだけが解決策ではありません


続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *