ブラジルが世界初の量産アルコール航空機を発売

世界初の量産アルコール機イパネマは、ブラジルの航空機メーカーであるエンブラエルの子会社により、サンパウロから220 kmのボトカトゥにある航空airline蒸会社に今週火曜日に配達されます。
「これまで、いくつかの飛行機のエンジンを改造してアルコールで走らせることができましたが、イパネマは世界で最初に大量生産されるアルコール飛行機になります」と当局者は語った。エンブラエル、民間航空機の世界で4番目に大きいメーカー。
ほぼ1.000デバイスを搭載したブラジルでのカテゴリー販売のリーダーである農業用航空機Ipanemaのアルコールバージョンは、エンブラエルの子会社であり、農業航空部門を担当するAerospace Industry Neivaによって製造されました。
Neiva産業は、1980年に開始され、数年後に不足したために放棄された燃料アルコール飛行機エンジン(サトウキビで作られた)のプロジェクトで、航空宇宙技術センター(CTA、公開)のデータを使用しましたお金。
Embraerによると、燃料アルコールの使用は、ガソリンよりも技術効率が高く、コストが低く、汚染がはるかに少なくなります。
アルコールの使用コストは、航空ガソリンの3〜4倍です。 ブラジルはアルコール(サトウキビ抽出物)の主要生産国でもあり、エンブラエルの選択を説明しています。
アルコールモーターを使用すると、約5%の出力を上げることができます。
さらに、この燃料は、離陸距離を短くし、特に速度を上げることにより、航空機の全体的な効率を高めます。

また読みます: 温室、1より多くの努力!

ソース: ジュネーブトリビューン

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *