ダウンロード:水蒸気ポンプの技術をCSTCによる加熱のために


この記事を友達とシェア:

水蒸気ポンプ技術
バックフランスで

著者:ビクトリアボグダノワ、ジョエル・モローとレミGuillet

(2014、6月に書かれた紙)

7 2014 6月、公的グサンヴィユ、フランスで発足した新世代のICCSの最初の水蒸気ポンプサイクル。 2 MWのその加熱電力は293世帯の全体住宅の暖房とお湯のニーズに応えます。 60°C(140°Fの°)この水蒸気ポンプESTル首相はこのような高温空気燃焼に到達します。

ICCSは、GDFスエズ・グループのフランスの会社員です。 2012以来、WVP(水蒸気ポンプ)サイクルICCS、産業や地域暖房に加熱ICTのお客様に、より多くの持続可能と緑のソリューションを提案エコ責任会社の優先順位の中で、再びです。 1980sと1990s中WVP加熱プラントにおけるサイクルの広範な開発した後、このICCS WVPのリニューアルは、特に天然ガス暖房設備の場合には、ICTを顧客に再び燃料節約と環境保護の観点からの参照機能をもたらします。



水蒸気ポンプ(WVP)の概念は、されています1978かつ迅速にフランスで発明された場合
化石燃料を節約し、環境を保護するために本当に高度な概念としての大学とスパ業界のreconnuは、経済的なアプローチは、WVPの多くの場合、制限された拡散をHASペイバックタイムのサイクルが多いので、
長い(約5年)とみなさ...それにもかかわらず、WVPサイクルが-されています
我々はカナダに住んでいると、より最近で米国のボイラー特別な暖房ボイラーの開発でフランスと欧州で商品化。

(...)

(フランス語と英語)この技術ANEレミGuilletの仕事についての詳細を知るには: 湿式燃焼解析

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) CSTCによる加熱用水蒸気ポンプテクノロジー

Facebookのコメント

「:ICCSによる加熱用水蒸気ポンプテクノロジーダウンロード」の2コメント

  1. 「水蒸気ポンプ」サイクルは、COP 21のBourget火力発電所でCIECによって設置された(CIECウェブサイトまたはENGIEウェブサイトの情報を参照)

  2. 作者のコメント(01 / 06 / 16を書きます)

    1- A(フランス語で「ポンプサイクルスチーム」で)「水の蒸気ポンプサイクルは、「湿式燃焼の事実上のフォームを誘発します。 したがって、興味のある読者は親切に「湿式燃焼と性能を。」論文を充電します

    2-で頻繁に言及されている多くの記事や他の文書の後 forum アドホックサイトeconologie.comでは、読者は直接「燃焼と水、性能、汚染」とタイプすることによって最近更新された要約にアクセスすることもできます。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *