電力生産者は核技術を探しています

エネルギー需要と施設の老朽化に直面して、米国の電力会社は新しい原子力発電所の建設を検討しています。

Entergy、Excelon、Dominion、およびDuke Powerはすべて、必要な承認を取得するために原子力規制委員会と協力して措置を講じています(最初の1973つはすでにサイトの選択について承認を受けています)。 しかし、米国で最後に建設された原子力発電所はXNUMX年にさかのぼり、今日、この問題に関する専門知識が不足しています。
その結果、メーカーはどの技術を採用するかについてまだ決定を下していません。 ソリューションの中で
考えてみると、ペブルベッドに基づいたアメリカンウェスティングハウスのAP1000が見つかりました。これは、燃料がボールの形で調整され、冷却剤としてナトリウムを使用する1000メガワットの小さな発電リアクターです。 設計者によると、このデバイスには、パフォーマンスと安全性が向上するという利点があります(コンポーネントの数が50%削減されます)。 そのヨーロッパの競争相手であるアレバは、従来の4つではなく2つの緊急冷却システムを備えた加圧水反応器EPR(European Pressurized Reactor)を提供しています。 最後に、General Electricは、Economic Simplified Boiling Water Reactorと呼ばれる沸騰水反応器を開発しています。この反応器では、コアと直接接触する一次回路からの水を沸騰させて、タービンを作動させる蒸気を生成します。 技術的な考慮事項は別として、一部の専門家は、新しいプラントが実際に5年以内に注文されることを疑っていることに注意する必要があります。
巨額の投資が必要です。

また読みます:  オイルは64で2007ドル以上に留まる必要があります

NYT 15 / 03 / 05(パワー
原子炉の最新モデルを探している生産者)
http://www.nytimes.com/2005/03/15/science/15nucl.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *