金型は、温暖化の北極記号に近いです

この記事を友達とシェア:

エコノロジー注:いくつかのユーモアと取るために新しいです! 対象は、はるかに面白いからであっても...

ムール貝は、地球の温暖化の新たな兆候である北極点から1.300キロで同定された、科学者が発表しました。

青いムラサキは、フランスまたは米国の東海岸の普通の暖かい海域を好む。 しかし、スワールは先月スヴァールバル諸島のノルウェー諸島から氷で覆われた海域で発見された。 「気候は急速に変化している」とノルウェー科学技術大学の教授であるガイア・ジョンセン(Geir Johnsen)教授は語った。 軟体動物は「地球温暖化の非常に良い指標」です。 ロイター通信に対し、「われわれが見つけた金型は2〜3年前だ」と述べた。

彼らの存在は、1.000年前温暖化の別の期間をバイキング時代から島を離れて記録されていませんでした。 国連の科学者たちは北極があるため、二酸化炭素排出量と化石燃料からの温室効果ガスの他のどの地域よりも速く温暖化していることを言います。 雪と氷の融解は、さらに南の地域よりも多くを温める加速し、より多くの熱を吸収し、より暗い地面や水を発見します。 で
比較は、南極の氷が厚く、変更に耐性です。

カナダでは、イヌイットは初めて見ました固形これは道足元ハンターを与えたまで彼らの領域で、これまで未知の、ロビン、氷床。 スカンジナビアでは、白樺はトナカイを放牧し、以前に凍結した領域にさらに北プッシュし始めました。

ソース: ロイター通信社、18 / 09 / 04

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *