ムール貝は北極に近づいています。これは温暖化の兆候です。

エコノロジーに注意してください:ユーモアを交えて新しいものです! 対象は遠く面白いからであったとしても...

ムール貝は、地球温暖化の更に別の指標である北極点からだけで1.300キロを目撃されている、科学者たちは金曜日に言いました。

ムラサキイガイは、通常、フランスや米国の東海岸沖暖かい海を好みます。 しかし、群れは氷で今年のほとんどをカバーした海域でノルウェーのスバールバル諸島オフ先月発見されました。 「気候は急速に変化しています」とノルウェー科学技術大学のGeirJohnsen教授は述べています。 貝は「地球温暖化の非常に良い指標」です。 「それは、私たちは二、三歳に見つかった貝のように見えます」と同氏はロイターに語りました。

彼らの存在は、1.000、XNUMX年前のバイキングの時代、もう一つの温暖化の時期以来、島の沖で記録されていませんでした。 国連の科学者たちは、化石燃料によって生成された二酸化炭素の排出やその他のガス温室のために、北極圏は他のどの地域よりも早く温暖化していると述べています。 溶ける雪と氷は、より多くの熱を吸収するより暗い地面または水を発見し、より南の地域よりも温暖化を加速します。 に
比較すると、南極大陸の氷はより厚く、変化に強いです。

また読みます:  Villeneuve-sur-Lot:制裁と燃料油の終わり?

カナダでは、イヌイットは、その地域のこれまで未知の、初めてのロビンのために見ていると、氷のプレートは、これまで固体足元ハンターをもたらしました。 スカンジナビアでは、白樺はトナカイが放牧された以前に凍結された地域で、さらに北をプッシュし始めました。

ソース: ロイター通信社、18 / 09 / 04

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *