Le Monde:M。Sarkozy、反リベラルなオイル。

「クラスの急増はおそらくチャンスです。 彼女は、炭化水素は無尽蔵ではなく、世界はそれほど昔のことではなく、世紀の半ば頃に石油なしで行うことを学ぶ必要があり、それまでに、それに慣れなければならないことを思い出します高価な油に。 この観点から、政府の近視眼的な後援はばかげているだけでなく、逆効果のように思われます。 「」

記事全文を読むには: オイルとサルコジ

また読みます:  2007年は、年代記で最も暑い年になる可能性があります

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *