今日の緑の家、本

今日の生態学的な家

クロード・オーベール、アントワーヌ・ボス・プラティエーレ、ジャン・ピエール・オリバ
エディションLiving Earth、2002

エコ建設を扱った本を続けること。
今回は技術的な仕事ではなく、リビングハウスとその所有者との一連のミーティングです。 著者は各家に4ページを捧げ、それらを建てた人が自分の選択、欲望、制約を伝えます。
実装の多様性は顕著です。 木材の丸太、わらのles、生レンガまたは日干し煉瓦、ソーラーパネル、天蓋...材料と技術は本当にたくさんあります。 その一部または全部を企業が構築することを選択した人もいれば、完全な自己構築を選択した人もいます。

しかし、いずれにしても、これらの家には個性があります。 そして、ほとんどすべての所有者が自分の経験を共有するために連絡先情報を残しているため、これらの会議は最終的に延長できます。 それはあなた次第です!

また読みます: 死にゆく北極海

当社の詳細 forumより環境に優しい家のための

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *