インド:バブールの木からの電気

健康に対するバブールの有益な効果は、インドでは長い間知られています。 バブールの一部を噛むことにより、それに含まれるタンニンは、口腔系にとどまるカビや細菌に対する保護を提供します。 プラントが豊富にあるラジャスタンの非在来型エネルギー源局によっても、その燃焼から電気を生成する可能性を研究するための研究が行われています。

研究によると、12kgのBaboolは7.5kWhの電力を生成します。 Baboolからの電力の生産は、従来の電源(2.50〜3ルピー/ユニット)よりも安価(4.5ルピー/ユニット)です。 ラジャスタン州とインド政府の協力を得て設置された発電所のおかげで、電化が困難な地域で使用されていない農産物を使用することにより、非常に収益性の高い電力を提供することが可能になります。

出典:Hindustan times、08/09/2004
エディター:ROBIC Erwan

また読みます:  CO27の2%増加...

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *