大気圧からの電気

モロッコのエンジニアであるCherifMASSAOUDI ZOHEIRは、大気圧を動力源とする発電所を発明し、特許を取得しました。 この概念は、成功することなく、世界中で多くの研究の対象となってきました。

本発明は、再生可能エネルギー開発センター(モロッコ王国エネルギー鉱山省)のモロッコ人エンジニアに提示された。 環境に配慮しながら自由に発電できるため、好評を博しました。

原理は、プラントの過圧状態で見られる瞬間の大気圧での流入空気のトラップに基づいています。 この圧力勾配により、電流を生成する流出気流を生成することが可能になります。

自家製ジャムの瓶に閉じ込められた空気の原理に少し似ていますが、内側と外側の圧力差のために開くのが難しい場合があります。 風は大気圧の違いによって発生することも忘れないでください。

また読みます:  水素製造用の「2 in 1」反応器

このプロセスを大規模に開発できるかどうかはまだ不明です。

出典:OlivierDaniélo、 www.notre-planete.info
モロッコ環境鉱山省

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *