大気圧からの電気

この記事を友達とシェア:

モロッコのエンジニアシェリフMassaoudi ZOHEIRが発明し、大気圧を燃料とする発電所の特許を取得しました。 この概念は、これまで、後続のない世界で多くの研究の対象となりました。

本発明は、モロッコのエンジニア再生可能エネルギー開発センター(エネルギー・モロッコの鉱山省)に提示されています。 環境を尊重しながら、それは無料の発電を可能にするので、彼女は非常に肯定的な反応を受けました。

原理は今、プラント内の過剰な圧力の位置に置かれた瞬間、大気圧で流入空気の懲役に基づいています。 この圧力勾配は、電流を発生する排出空気の流れを可能にします。

これは、空気の原則は、内側と外側の間の圧力差に起因開くために、次にことが困難な場合がある家のジャムポット、中に閉じ込められるビットです。 風は気圧の差によって生成されることも覚えておいてください。

問題は、このプロセスは大規模に開発することができるかどうかです。

ソース:オリビエDanielo、 www.notre-planete.info
環境省とモロッコの鉱山

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *