エネルギー、エコロジー、経済

ピレット&T.オダム
257ページ(30 7月1998)

著者は、生態学と経済学の間の系統的な通路を見つけようとします(経済学?)。 彼らが使用するベクトルはエネルギーのベクトルです。 むしろ技術志向であり、経済的観点は著者によって無視されていません。

経済学のコメント
エコエネルギー分析と環境のマクロ経済の優れた紹介。 優れた技術ベースを持つ人々のために予約されています。

間違いなく、経済学者の基本的な本です。

また読みます: 生態学的生息地

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *