スエズCEOは電力不足のリスクを恐れています

キャピタル誌から電力不足のリスクの現実について尋ねられたジェラール・メストラレットは、「何もしなければ」電力不足のリスクがあると推定しました。

「20年間、ヨーロッパで建設されたユニットは十分ではありませんでした。 しかし、たとえばフランスでは、3年以降、消費量は毎年2003%増加しています。つまり、3.000MWです」と彼は宣言しました。
「原子力発電が過剰生産能力を生み出したという幻想の下で生活した後、専門家は、2008年に電力が不足するリスクがあることを初めて認識しました」と彼は言いました。
ドイツの原子力発電所の計画された停止と北海の油田の衰退を引用するメストラレット氏によると、「すべてが貢献している」とのことです。 「ヨーロッパは中期的に石油もガスも持たず、ほとんどすべての化石燃料を輸入しなければならないでしょう」と彼は言います。
Mestrallet氏は、「ブルターニュや南フランスなどの特定の地域では、電流の供給がすでにタイトになっている」と述べています。

また読みます:  Sciences Avenirの水ドーピング記事

彼によると、責任は「これまで競争の開放に焦点を合わせており、エネルギー供給と国家間の相互接続の見通しを調査していない」欧州委員会にあります。 。
スエズの上司は、競争力を維持するために「新エネルギー生産能力に迅速かつ大規模に投資する」ことを推奨しています。

ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *