イランは核右にしがみつきます


この記事を友達とシェア:

Les manœuvres militaires « Grand Prophète » se poursuivent en Iran avec le test d’une nouvelle torpille dès lundi. Les « ennemis » sont mis en garde.

イラン外相マヌーチェフル・モッタキーの頭は彼の国が国連安全保障理事会控訴を棄却、その核活動を継続することを意図していることを火曜日4 4月と述べました。

« La République islamique a commencé ses activités pacifiques pour atteindre son droit naturel conforme au TNP (Traite de non-prolifération), et ces activités se poursuivront sous le contrôle de l’Agence » internationale de l’énergie atomique (AIEA), a dit Manouchehr Mottaki dans une conférence de presse.

29月には、国連は30日、特にウラン濃縮の下にいくつかの核活動を停止するテヘランを求めていました。 この魅力は、しかし、制裁の任意の脅威を行いました。

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *