核と哲学


この記事を友達とシェア:

この記事は、より一般的にフランスの原子力政策と原子力エネルギーに関するものです。

キーワード:原子力、エネルギー、電気、政治、電力、廃棄物、エリックスフレ

原子力発電所

原子力について議論するために必要なデータは次のとおりです。

あなたが見るように、私はまだ少し進化し、私の立場を明確にしました:

-まず、私は「核に寛容」であることを認識しています。私は、原子力に関する議論を再開できる唯一の人です。 賛成は賛成であり、賛成の風刺画です。 カウンターも自分の位置に反し、似顔絵を描きます。 これらのキャンプのいずれかにいる場合、客観的な議論をすることは困難です。 ですから、あなたが始めるすべての議論に先立って、あなたはその議論に熱中し、主人公に耳を傾けて節度するように誘わなければならないことが重要だと思います。 私の意見では、哲学の先生を喜ばせる前提条件があります。

-その後、原子力、特にそのリスクについて話すときは、それらを温室効果で実行するリスクと比較する必要があります。 核廃棄物の危険性(私たちが農業や化学や石油化学で毎日使用している他の化学物質と比較して閉じ込められた比較的低いトン数)と廃棄物の比較は絶対に必須です:今日、私たちは閉じ込めておらず、大自然が世話をしている二酸化炭素。



-気候の問題、特に原子力は世界の電力の7%(および消費された総エネルギーの3%未満)を生産するという反論者の議論に関連して、これは温室効果の解決策にはなりません。 実際、理解しなければならないのは、電力の80%が化石燃料から生成されることであり、おおまかに言えば、2から4の係数で削減する必要があるということです(他のセクターの進化と人口統計学の)化石起源の電気のシェア。 これは、既存の原子力シェアを減少または増加させることなく、原子力発電のシェアはおそらく生産される電力の30から40%まで増加すると予想されることを意味します。 残りは再生可能エネルギーから、数パーセントは化石燃料から生産されます。

ですから、はい、今日の原子力エネルギーはわずかですが、気候変動との闘いを他のものよりも上に置いた場合、そうなる可能性は低くなります。

-しかし、独善的な核主義に陥らないでください。 「原子力は天使にとってエネルギーである」というヒューバートリーブスのコメントはとても気に入っています。 つまり、男性は過失から安全ではないため、原子力は限られた賢明な用途に使用されるべきです。 事故と核事故のほとんどは、人為的ミスが原因です。 しかし、男性は彼らが何であるか、それの常に高いリスクがあります。 原子力エネルギーの必要性を制限することにより、私たち自身のリスクを制限します。 私の意見では、電気加熱の非効率性とフランスの原子力発電への影響を示すことが重要です。 冬の消費ピークに対処するためには、発電所を大きくしなければならず、それはこれらの期間外の浪費につながり、無謀な方法で核リスクを増大させます。 水や生息地の暖房には、将来の解決策があります。それは、太陽熱暖房と木材暖房を組み合わせたものです。 温室効果ガスの排出の観点から非常に有害なガスや石油の加熱を守ることは問題ではありません。

-それで、これは議論の重要な部分であり、原子力で何をするのかを知る必要があります。 個人的には、ミッションヒーティングの水と生息地の暖房は除外しています(また、エアコン、明らかに両方向に行きます)。 原子力は何のために使われるべきですか? たとえば、電気自動車のフリートを開発するために原子力を開発する必要がありますか? (私の意見では、これは飛躍的な前進です。)原子力は次の3つのことのために確保されるべきだと思います。

1)ネットワーク加入者を提供する 1週間および1人あたり最大15 kWh、これは電気加熱タイプの消費ピークを除外します。 (フランスでは年間780 KWhとなるため、60百万人の住民)46 800 000 000 kWhは46 TWhです。 500 TWhの輸出数値を確認する必要がありますが、桁違いにあります。)したがって、このように電力を配分することで先験的に、既存の発電所公園を10で割る必要があります!)そう:週に60 kWhで何ができるでしょうか? このしきい値を15 kWhに設定したのは、自分自身のエネルギー消費量とEvaのエネルギー消費量を測定することで、週に2〜2週間15 kWhであったことがわかったためです。 20 kWhで非常に普通に生活できます。なぜなら、他のすべての人と同じように、コンピューター、テレビ、ライト(ただしヒーターはありません!)そして洗濯機(電気の一部ですから)コンソムは、水を15°Cで加熱するために使用されます。 自宅では、週あたり1人あたり40 kWhで配給すると、15 kWh * 15の人= 6 kWh(週あたり)の資格が得られます(したがって、90 kWhは年あたりです!)。 私の意見では、それはエネルギー消費を感じることの重要な市民のイニシアチブです。

2)その他の用途:提供 路面電車、電車、すべての公共交通システムの電気 電気(エレベーター、エスカレーター...)。 次に、原子力は油圧と結合されます(SNCFが消費する電力の3分の1をすでに提供しています)。 桁単位で、2 MWの5原子炉の1000で十分であるが、確認する必要があると思います。

3)そして最後に、原子力エネルギーは 再生可能エネルギー産業の基盤。 原子力を使用して大量のソーラーパネルを製造し、建設業界、風力タービン、効率的な自動車、自転車などの工作機械に動力を供給する必要があります。 リアクターはいくつですか? おそらく、輸送のコレクションを送るのと同じくらい:2から5?

要約しましょう:
核の使用を除外します:
-家庭用温水の加熱(太陽とバイオマスで十分です)
-家庭の空調(断熱性の強化、生物気候的構造、空調された居住区の配給)
-そして、私はそれについて話すのを忘れました、道路と広告看板の継続的な照明!

私は次のミッションに原子力を捧げます。
-住民1人あたり、週あたり15 kWhのオーダーで年間の電力ベースを提供します。 (6 MWの1000原子炉)
-公共交通機関(および商品)に電気を供給する(4原子炉1000 MW)
-業界、特に再生可能エネルギー(4 MWの1000リアクター)に電力を供給



フランスの核地図と廃棄物処理

今日フランスにはいくつの原子炉がありますか? 58。 この戦略ではどれだけ必要ですか? 14!

それから別の質問が来ます:どのような原子炉ですか?
私は、ウランのグラム当たりで生産される最高の性能と最高のエネルギー比を持っているので、高速増殖剤の大擁護者です。

今日の原子炉は、主に鉱山で見つかったウランの235%未満を占める軽いウラン(U1)を消費することを説明する必要があります。 増殖炉はほとんどすべてのウランを消費します(その収率は60倍100倍優れています)が、反応開始剤が必要です:従来の原子炉からのプルトニウム、および増殖炉からのプルトニウム(その名前から)廃棄物の再処理後(ラ・アーグ工場)。
したがって、論理的には、私が推奨するほとんどの14リアクターが増殖型である必要があると言う必要があります。 EPRタイプのような今日のような遅い中性子を使って1原子炉に3を残すことが可能かもしれません。

原子炉EPR REPの動作原理

Et la dernière chose à voir est la part des énergies renouvelables qui pourra remplacer une partie de ces réacteurs, en tenant compte de l’intermittence de la plupart de ces énergies.

A terme (30 ans ? 60 ans ? 160 ans ?) la totalité du parc pour être arrêté et remplacer totalement par des centrales solaires couplées au stockage de l’électricité sous forme d’hydrogène. Mais la mise en place d’un tel système risque d’être longue et il y a tellement d’autres secteurs où il faudra économiser l’énergie.

Plus d’informations sur l’énergie nucléaire :
核融合
原子炉

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *