そして、空気力学?

スターリングエンジン、例えば:ヒント、アドバイスやヒントは、型破りなエンジンとしてあなたの消費量、プロセスや発明を低下させます。 水噴射プラズマ処理、燃料や酸化剤のイオン化:燃焼を改善する特許。
アバタードゥutilisateur
マクロ
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 4038
碑文: 04/12/08, 14:34
X 325




パー マクロ » 04/03/10, 16:00

私の最初のケースは、オレンジの皮のペンキが塗られたフィエスタでした...彼女は私よりも多く飲んだ... :安っぽいです:
0 x

ティボー
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 14
碑文: 25/01/11, 13:51




パー ティボー » 26/01/11, 21:40

このスレッドに配置された写真は表示されなくなりました。ラジエーターの前のプレートやフラットボトムなどの変更に関するものは特に興味がありますが、コンパートメントに過圧を設定する原理がわかりませんでした。空力を改善するエンジン。
0 x
oiseautempete
グランドEconologue
グランドEconologue
投稿: 848
碑文: 19/11/09, 13:24




パー oiseautempete » 27/01/11, 08:50

エンジンルームの過圧?
通常は、エンジンの下のフェアリング(ピストンエンジン飛行機と同じシステム)のおかげで真空にされます。フェアリングは、真空に熱気を吸引させるデフレクターを備えています...の入口を閉じます真空効果は、車両が十分な速度で動いているときにのみ機能するため、危険であり、したがって、停車時でも低速でも、町では...
たとえば、CitroënSMなどの冷却について非常に正確に計算された特定の車では、所有者によっていくつかの効果的な修正が行われています。ホイールアーチ(真空ゾーン)に向けたルーバーグリル、ガスケットの一部の取り外しボンネットの後部(別の真空ゾーン)...
0 x
アバタードゥutilisateur
私シトロエン
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 5129
碑文: 08/03/06, 13:26
場所: ボルドー
X 10




パー 私シトロエン » 27/01/11, 11:01

oiseautempeteは書きました:...ボンネット(別の真空ゾーン)の背面にあるシールの一部の除去...
:しかめ面:
ああ、あなたは私をそこに驚かせます。
通常、カバーの端とフロントガラスのベースの間にあるゾーンは、過圧ゾーンであり、くぼみではありません。
これにより、フロントガラスワイパーの接着、雨水の排出だけでなく、ボンネットの後部とベースの間に従来から吸気口が配置されていた乗員室への新鮮な空気の取り込みも促進されます。フロントガラス...したがって、エンジンルームから排出されるため汚染される可能性のある空気を車内に入れるという前提に適合しません...

2CVで乗った人は私を理解しています... :笑:
0 x
ティボー
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 14
碑文: 25/01/11, 13:51




パー ティボー » 27/01/11, 14:19

私はについて読んだようです forum グリルの前にプレートを置くことにより、エンジンルームに空気をより強い力で流入させるため、より大きな圧力が発生し、車の下に窪みが生じ、より効率的に排気することができます。加熱し、同じようにScxを減らし、したがって消費量を減らします。 私はそれをすべて見つけようとします。
0 x

ティボー
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 14
碑文: 25/01/11, 13:51




パー ティボー » 27/01/11, 14:28

アンドレは書きました:こんにちはマウンテンバイク

ラジエーターでの最大のゲインは、ラジエーターの入力ではなく、飛行機のスバルエンジンで行った経験によると、特にラジエーターの出力です。
低速で高効率のラジエーターを搭載する場合と、最大速度でドラッグする場合の妥協点
ラジエーターの後に空気出口を作動させることであり、特に冷却効率に依存するのは後部のくぼみです。
つまり、ラジエーターを横切ってエンジンの周りを移動するすべての空気は、その形状がエンジンコンパートメントのくぼみを作り、熱風を送るシンプルなシートで車両の下に空力的に出なければならないということですほとんど床下のパラレル。
エンジンとラジエーターの吸気口の下の空気の流れが良い車はほとんどありません。DSには車の下の流れに適したデザインがありました。
きっとあなたを驚かせる別のポイントがあります
これは胴体の正面セクションです
幅広の胴体2人が並んでいて、縦列に並んだ狭い胴体よりも明らかに空力的であり、表面が大きく並んでいるにもかかわらず
同じ翼と同じエンジンで知られている多くの飛行機
胴体だけが変化すると、速度が15%から20%増加します。
最初のDC2は胴体が狭く、DC3は拡大され、速度が向上しました。長さと正面の間に規則があります。

アンドレ


ヴォイッラ、そして私はポリスチレンプレートを取り付けようとしたが雨のためにアルデーシュへの道に落ちた人を見つけました、メッセージを見つけるために残っています...
0 x
アバタードゥutilisateur
私シトロエン
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 5129
碑文: 08/03/06, 13:26
場所: ボルドー
X 10




パー 私シトロエン » 27/01/11, 16:20

ティボーは書いた:ヴォイッラ、そして私はポリスチレンプレートを取り付けようとしたが雨のためにアルデーシュへの道に落ちた人を見つけました、メッセージを見つけるために残っています...
はい、航空では...自動車では、交通渋滞や赤信号で停止した車両は、排気量による空気の流れの恩恵を受けることなく、そのカロリーを排出できなければならないので、パラメータは異なります...

最後に、これらの流れは自動車と飛行機の間で比較できません...

しかし、自動車には先例があり......
Voisinは、冷却システム用に、排気管を備えたコンセトリックシステムを備えていました。これは、ベンチュリ効果によって、エンジンのカロリーを後部で「抽出」します。
ヴォワシンは航空機メーカーでもありました...
0 x
ティボー
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 14
碑文: 25/01/11, 13:51




パー ティボー » 27/01/11, 22:10

さて、私は今よく理解しているので、400km / hで運転しない限りこのプロセスは適用できないでしょう :笑:
0 x
oiseautempete
グランドEconologue
グランドEconologue
投稿: 848
碑文: 19/11/09, 13:24




パー oiseautempete » 27/01/11, 23:20

citroは書きました:
oiseautempeteは書きました:...ボンネット(別の真空ゾーン)の背面にあるシールの一部の除去...
:しかめ面:
ああ、あなたは私をそこに驚かせます。
通常、カバーの端とフロントガラスのベースの間にあるゾーンは、過圧ゾーンであり、くぼみではありません。
これにより、フロントガラスワイパーの接着、雨水の排出だけでなく、ボンネットの後部とベースの間に従来から吸気口が配置されていた乗員室への新鮮な空気の取り込みも促進されます。フロントガラス...したがって、エンジンルームから排出されるため汚染される可能性のある空気を車内に入れるという前提に適合しません...

2CVで乗った人は私を理解しています... :笑:


2cvは何か違うものです:空気取り入れ口は完全に正面にあり、さらに開いたフラップは動的に空気を送ります(雨が降ったときに実用的です)...これは絶対に当てはまりませんボンネットのレベルよりもはるかに低いスペースがあり、特に乱流の発生を避けるためにそこに隠されているワイパーの「保管場所」として機能する現代の車:したがって、このゾーンは必然的に窪みにあります、d ''この時点でエアコンの空気取り入れ口があり、ファンがなく、少量の空気が入らないモダンなデザインの車の他の場所で、さらに古い車のXNUMXつでそれを経験しましたそのファンが魂をあきらめた...
(SM(CXでも)では、空調の空気取り入れ口はフードにあり、フロントガラスの前ではないことに注意してください。これにより、吸い込まれた空気の「汚染」は除外されます) 。
私はULMのボンネットを研究する機会があり、本当に過圧ゾーンを見つけるのが難しいことに驚かれることでしょう(エンジンの空気取り入れ口とシリンダーの冷却空気取り入れ口を配置するため)。最適には)流れが複雑なため(プロペラのらせん状の混合と飛行中の機械の速度に応じた変動する発生率により、これは正しい)...
0 x
アバタードゥutilisateur
私シトロエン
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 5129
碑文: 08/03/06, 13:26
場所: ボルドー
X 10




パー 私シトロエン » 28/01/11, 11:41

oiseautempeteは書きました:2cvは何か違うものです:空気取り入れ口は完全に正面にあり、さらに開いたフラップは動的に空気を送ります(雨が降ったときに実用的です)...これは絶対に当てはまりませんボンネットのレベルよりもはるかに低いスペースがあり、特に乱気流の発生を避けるためにそこに隠れているワイパーの「保管場所」として機能する現代の車: したがって、この領域は必然的にうつ病になります, さらに、この場所に空調空気取り入れ口を備えたモダンなデザインの車で、ファンがなければ、おならの空気はありません。さらに、古い車のXNUMXつでそれを体験しましたファンが魂を返した車...
本気ですか。 :?
私は記憶に、シトロエンビザの空力圧力ゾーンのスケッチを持っています。そこでは、前のポイントをサポートするイラストで説明しています。 いくつかのビザを所有していたことについて、私は冷たい換気が電動ファンなしで行われ、ダイナミクスのみであったことをお知らせします...
吸気口がくぼんでいるとどう説明しますか... :?


「現代の車両」では、空気の分配がはるかに複雑になり、多くの通気口があるために大幅な圧力低下が発生します(ミニバンの後部座席に通気口があることは珍しいことではありません) 、2つの交換器(空調蒸発器と加熱コイル)とキャビンフィルターを備えています。 したがって、エアコンやキャビンフィルターのない車に比べてダイナミックな空気の流れを感じないのは当然のことです... :?
0 x


戻る「特別モーター、特許、燃料消費量の削減」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび13ゲストはいません