当社と理念闘争に欠かせない資産である人気の食堂

哲学的な議論や企業。
Nico37
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 26
碑文: 02/08/20, 17:35
X 5

闘争に欠かせない資産である人気の食堂

メッセージ以外のluパー Nico37 » 09/09/20, 21:56

闘争に欠かせない資産である人気の食堂 06年2020月XNUMX日| LAMULEDUPAPEによって

彼らは「Les Lombrics utopiques」、「La Cagette des Terre」、「The other canteen」と呼ばれています...自主管理の人気のある食堂は、スクワット、恵まれない地域、ZADを供給し、XNUMX年間フランスの領土で増殖してきました。祭りやイベント。 あまり強調されておらず、それでも闘争において不可欠な資産としての地位を確立している慣行に焦点を当てます。
闘争の中心にある食物の自己組織化

自己管理の食堂は、食品の中心テーマに対する人気の高い反応を表しています。 人口を無料または無料で給餌することは新しい考えではありません。フランスでは、パリコミューンまで遡ることができます。 この人気の抵抗の段階は、1870年にプロイセンによる最初の首都包囲に直面し、翌年にはパンと食糧の流通を組織化することにより、鉄道の封鎖に直面したと一般に認められています(例ウジェーヌヴァリンのマーミテスは、労働者階級のコミュニティを養うために上流に作られ、コミューンの間も続いた)。 食堂はそれから非常に重要な抑圧にさらされました。 当時、実際に食糧支出は人口の予算の大部分を占めていたため、彼らの行動は抗議行動を鎮圧しようとする当局の側でのとげでした。

国際労働者協会(AIT)も引用できます。AITは、現在のAMAPに匹敵する一種のネットワークである、労働者用の食堂の最初の協同組合を設立しました。 より最近では、チリでは、コロナウイルスに関連する劇的な社会経済危機の間に人気の食堂の役割が再び強調され、世界的な連帯の高まりが、人口は監禁によってかなり脆弱です。 この種の行動は、フランスでも数十年にわたって発展する傾向があり、現在はモントルイユで毎年開催される「自己管理の食堂の祭典」によって強調されています。

「不安定さの増大に直面して、抑圧と排除の前に、抑圧のシステムが感じられるところはどこでも、特に労働者階級の地域で、自己組織化のための空間を作り強化する必要があるようです。農村地域、高級化または除外の対象となる地域、闘争の場」

(...)


0 x



  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「社会哲学」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび15ゲストはいません