農業:問題や公害、新しい技術とソリューション私たちの毎日のパン、工業食品

農業と土壌。 公害防止、土壌浄化、腐植、新しい農業技術。
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 52816
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 1275

私たちの毎日のパン、工業食品

メッセージ以外のluパー クリストフ » 25/02/11, 16:42

ほぼ2年前にArteで放送: http://www.arte.tv/fr/semaine/244,broad ... =2009.html 、ニコラウスゲールハルターが監督した2007年にフランスで公開されたこの非常に優れたオーストリアのドキュメンタリーに関するテーマはまだありませんでした。

以上です。

毎日のパン

画像

ヨーロッパの食品産業の冷たくて無言の写真:容赦ない映画の瞑想。

工業食品とハイテク農業の帝国へようこそ。 オーストリアのディレクター、ニコラウス・ゲールハルターは、カメラをヨーロッパの農場、温室、畑、食肉処理場、食卓のほとんどに供給する工場でXNUMX年間歩くことで、魅力的で恐ろしい自然の写真を届けます奴隷にされ、虐待され、技術によって否定された。 鶏、ひよこ、子豚が目に見えるところに積み重なる巨大な格納庫、数百万のリンゴとトマトが浮かぶ化学浴場、広大な栽培で数千ヘクタールのひまわりまたは小麦、XNUMX平方キロメートルの温室アルメリアの姿を変える; スプレー、はぎ取り、分解、消毒のための機械の全能性、その周辺には未来のスーツを着た忙しい補助者、男性または女性が、無限に繰り返されるタスクに集中しています。

不人情

細心の注意を払って構成されたフレーミングとサウンドトラック、滑らかな編集、コメントやインタビューの欠如を通じて、映画製作者は悪夢の力で画像を話し、私たちがいない世界の根本的な非人道性を熟考します通常は見られません-考えないほうがいいでしょう。 ルール、生産性、低価格、大量消費を暗黙のうちに受け入れるからです。 ニコラウス・ゲールハルターは、私たちが食べるものだけでなく、私たちが何になったかを黙想するように私たちを招待します。


トレーラー付きの割り当てられたシート: http://www.allocine.fr/film/fichefilm_g ... 12234.html
IMDBファイル: http://www.imdb.com/title/tt0765849/

産業食品に関するその他のドキュメンタリー:
- 世界、飢餓市場を養う (オーストリアも)
- 私たちの毎日の毒 (15年2011月XNUMX日、Arteで放送)
- Food Inc
0 x
Ce forum あなたを助けましたか? 彼も助けて 彼が他の人を助け続けることができるように- エコノロジーとGoogleニュースに関する記事を公開する

アバタードゥutilisateur
SEN-無銭
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6453
碑文: 11/06/09, 13:08
場所: ハイボジョレー。
X 489

メッセージ以外のluパー SEN-無銭 » 25/02/11, 19:48

優れたドキュメンタリー、それはあなたに考えることを任せます...そして再びそれは最悪を見せません....
0 x
シャルル・ド・ゴール」を天才は時々停止するときに知っているから構成さ」。



  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

":問題や公害、新しい技術やソリューション農業」へ戻ります

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum : ラージカウィー そして、14ゲスト