ワシントンは地球温暖化の悪化で訴えた

24月XNUMX日、サンフランシスコの連邦裁判官は、環境団体とアメリカの都市の連合がアメリカ政府に対して苦情を申し立てることを承認しました。 原告(NGOのGreenpeace and Friends of the Earthと、オークランド、サンタモニカ、アルカタ(カリフォルニア)、ボルダー(コロラド)のXNUMXつの都市)は、XNUMXつの米国連邦開発機関であるOverseas Private InvestmentCorpを非難しています。 および輸出入銀行-気候変動に悪影響を与える海外の石油およびガスプロジェクトへの資金提供。

「米国で、地球温暖化の一因となる産業プロジェクトによって引き起こされた損害について市民が苦情を申し立てることを正義が認めるのはこれが初めてです」とサンフランシスコクロニクルは述べています。 2002年に提出された苦情は、米国大統領によって取締役が任命された犯罪機関に、「化石燃料よりも環境に配慮した代替エネルギーの開発のための資金調達プロジェクト」を求めている。

また読みます:  SNCFのエココンパレータ

苦情によると、「発電所、油田、石油とガスのパイプラインを含む石油とガスのプロジェクトへの資金提供は、32年間で2,1億ドルに達しました。 しかし、これらのプロジェクトは、毎年8億トン以上の二酸化炭素とメタンの放出に責任があり、これは世界全体の約XNUMX%、アメリカの排出量のほぼXNUMX分のXNUMXに相当します。 「」

ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *