ワシントンは、地球温暖化を悪化を続け


この記事を友達とシェア:

サンフランシスコの連邦判事は、米国政府に対して電荷を持って24 8月、環境団体および米国都市の連合をクリアしました。 原告 - NGOのグリーンピースと地球の友とオークランドの4つの都市、サンタモニカ、アルカタ(カリフォルニア州)とボルダー(コロラド州) - 海外民間投資法人 - 二つの連邦政府機関は、アメリカの開発を批判しました および輸出入銀行 - 海外金融、石油・ガスプロジェクトは、気候変動にマイナスの効果を持ちます。

サンフランシスコ・クロニクルは、「地球温暖化に寄与する産業プロジェクトによる市民の苦情を市民が訴えることを正義が認めているのは、これが初めてです。 2002に提出されたこの訴状は、米国の大統領によって任命された違反している機関が「化石燃料よりも環境に優しい代替エネルギー開発プロジェクトに資金を提供する」と報じている。

苦情によれば、「発電所、油田、パイプライン、パイプラインなどの石油・ガスプロジェクトの資金調達は、10年で32億に達する。 これらのプロジェクトは、毎年2,1億トン以上の二酸化炭素とメタンを放出し、地球全体の約8%、米国排出量の約3分の1を占めています。 "

ソース


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *