TF21で水を使用したビデオR1

20年1月15日にTF2005で午後XNUMX時にTFXNUMXで放送されたレポート。

これは、パントーンアセンブリに従って水がドープされたR21ディーゼルステーションワゴンに関するものです。 一般的に言って、それは良い報告です。 ケビン(そしてTF1)に感謝します! (このサイトにいる場合は、 forum )

このレポートのコメントに関するクリストフ・マーツからのコメント:

  • PantoneのスペルはPentoneではありません
  • 「…古いルノーディーゼルに搭載…水とガソリンの蒸気を動力源とする」 これは真実ではありません。ディーゼルへの水のドーピングは、単に吸入空気に水蒸気を加えることです。 ディーゼルで燃料を供給されたままの元の燃料システムには触れません。
  • パントン氏はエンジニアではありませんが、確かにアメリカ人です
  • 汚染除去分析について:

    -CO2、0,1%の値は非常にありそうになく、蒸気による排気ガスの希釈またはデバイスの分析のエラーによって間違いなく歪んでいます。 実際、CO2を直接測定することはできませんが、燃焼した燃料を知ることでO2率を差し引くことはできません。 実際、そのような価値を達成するために、これ以上ディーゼルを消費する必要はほとんどありません。

    また読みます:  水注入とリンクの最初の開始

    --Nox:間違いなく適切な値。 私はNoxで分析を行うことができたことがありません。 水注入は、既知の抗Noxプロセスです。

    -HC:おそらく間違っています。 原点での値が低すぎて正しくありません。 未燃ガソリンアナライザーの使用は、このエラーを説明することができます。 HCは単純に測定されません(測定可能ですか?)ディーゼルエンジンの場合:この分析は、煙の不透明度テストによって補正されます。

  • 11,7個あたり100 Lの消費は非常に重要であり、特にディーゼル車では増加しているようです。 20%はまだかなりのものです。
  • 布による不透明度テスト。 テストはあまり科学的ではありませんが、非常に明白です:水は燃焼をよく促進します
  • ビデオをダウンロードする

    また読みます:  FR2のPantoneビデオ

    コメントを残します

    あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *