太陽光発電のコストを下げる技術に向けて


この記事を友達とシェア:

IRDEP、R&D太陽光発電研究所、パリの化学のEDF、CNRSおよびENSCPを統合するCISELプロジェクトは、太陽光発電モジュール技術の開発を目指しています。ワットピークあたり1€のコスト/パフォーマンス。

太陽光発電市場の99%はシリコンベースのシステム(結晶またはアモルファス)で占められていますが、CISELプロジェクトはCIS(銅、インジウム、セレン)に基づいた活物質の堆積プロセスに依存しています。つまり、金属接点、モリブデン、硫化カドミウム、酸化亜鉛を組み合わせたガラス基板上で、光を直接電気に変換する吸収体です。 実際、いわゆる「薄膜」技術は数年前から存在しており、たとえ光起電力効率の点で効率が低いとしても、2から200μmの代わりに100ミクロンメートルのオーダーの原料ゲインが構成されます。資産。 しかし、彼らは、共蒸着またはスパッタリングタイプのいわゆる「真空」パネルを製造する方法を使用します。これは、比較的高価であり、細かく言えば、シリコン。


続きを読みます

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *