IFPによるバイオマスの価値化

バイオ燃料中のバイオマスのエネルギー価値化

特に、バイオ燃料中のバイオマスの異なる価格設定に関する合成文書:

1)リグノセルロース系バイオマス(木材、わら、専用作物など)
2)アルコール生産バイオマス(ビートルート、小麦、トウモロコシなど)
3)油糧種子(菜種、大豆、ヒマワリなど)

IFPダニエル・バレリーニ

詳細:fオーラムバイオ燃料、バイオ燃料および代替燃料

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) IFPによるバイオマスの価値化

また読みます:  マイコ燃料、ディーゼルを生産するキノコ

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *