目的のエネルギーのための植物の使用


この記事を友達とシェア:

エネルギー目的のためのバイオマスの利用は、ドイツで大幅に増加しています。

En 2005, environ 1,2 millions d’hectares de plantes énergétiques ont ete utilisées pour la production de biocarburants ou de biogaz. Ainsi, d’après l’Agence des matières premières renouvelables (FNR), 10% des surfaces agricoles utilisées rentreraient déjà dans le label « de l’agriculture a l’énergie ». Depuis un an, plusieurs cultures a haut rendement énergétiques sont testées a la FNR pour des utilisations énergétiques. L’office de l’agriculture du Land de Thuringe coordonne sur 3 ans un projet comprenant 6 régions de culture permettant a chacune de tester 8 plantes énergétiques différentes.

したがって、このようなキビや北米の文化としての古代文化を超えたが、バイオガスの生産のために行く機会を持っています。 文化を最適化することも重要であるようなマスタードのような改良された中間作物の使用。

このプロジェクトでは、FNRは、バイオエネルギー生産のための原材料の可能な限り広い範囲を持っていることを望んだ、と農業の生物多様性を増加させます。 中期的には、結果は、バイオガスやバイオ燃料の生産のためだけでなく、合成バイオ燃料、その将来有望であるBTL(バイオマス・ツー・リキッド)の製造のためだけでなく、使用されます。

La FNR et la société allemande de l’agriculture (DLG) organisent un forum au centre d’information « Energie de l’agriculture », en Hesse du 20 au 22 juin 2006. Les exposants présenteront leurs nouveautés sur les cultures, les récoltes et la conservation des plantes énergétiques.

バイオマスの液化詳細については、こちらをご覧ください

詳細については、お問い合わせください:
FNR - 電話:+ 49 3843 6930 0 - 電子メール:info@fnr.de - サイト
http://www.fnr.de
http://www.bio-energie.de
ソース:Wissenschaft-Wirtschaft、Politik、月2006
編集者:ヴァレリーBichler、valerie.bichler@diplomatie.gouv.fr


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *