L'Usine Nouvelle:エコロジーが啓蒙主義と韻を踏むとき

この記事を友達とシェア:

上記の記事をサポートするために、新工場のサイトを閲覧、私は車に有名なディレクティブのヘルプやマルスについてこの社説に出くわしました。

エコロジーは民衆扇動で韻を踏むボーナス-マルス

この社説の物質であります: 「彼らは排出量を削減するために、彼らはできる限りのことをやる、自動車メーカーを信頼」 ( このページには反対を証明する傾向があります... ).

すべての引数は完全に偽ではありませんが、彼らはバイアスされています。 あなたはリスクを取る持続可能な開発の視点であなたのビジネスを係合する、あなたが起業家であり、あなたは、このテキストを読んでいる想像してみ? 確かではありません。 それは洗脳のようなもの、代替ソリューションの検索を麻痺させるだけの思考です...

詳しくはこちらをご覧ください:上の多くの議論の一つを読みます 私たちのフォーラムでのボーナスマリュス自動車

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *