アジアの津波

アジア災害後の例外的なページ! 

新しく書かれた28 / 12 / 04のリマインダー(死者の数は50 000でした):

「ご存知のとおり、数日前の東南アジアでは、激しい地震がベンガル湾とインド洋の非常に多くの沿岸国に影響を与えるまれな程度の津波を引き起こしました。

災害から25日後、000人以上の「公式」犠牲者と30人以上の行方不明者という事実は憂慮すべきものです。 ヨーロッパ人を含む数百人の観光客が犠牲者の中に数えられることになっています。 そして、この致命的なカウントは終わっていません! 000万人以上の犠牲者の最終的な犠牲者を恐れることができます!

効果的な監視、先見性、コミュニケーションが行われていれば、この数はどれだけ減少するでしょうか。 数年以内に、そのような装置は間違いなく設置されるでしょうが、これはまたしても、予防措置を講じる人間の相対的な無能さを証明します…しかし、そのような大惨事はまた、人間が能力を持っている連帯を示しています。 なぜ危機と緊急の時だけなのか? 意気揚々とした個人資本主義はそれと関係があるに違いありません! この傾向を逆転させるのは私たち一人一人の責任です!

フランスのいくつかの人道支援団体は、アジアの津波後の寄付の呼びかけを増やしています。

また読みます:  サステナビリティ・ウィーク

- フランス民relief 100.000ユーロの緊急援助をリリースしたと発表しました。 人道的組織を特定する金銭的寄付は、対処することができます French Secours BP 3303、75123 Paris cedex 3へ またはサイト www.secourspopulaire.asso.fr.

- 組織 飢against対策 (ACF)は、1996年以来スリランカに存在し、テント、通信機器、発電機、水浄化機器を運ぶために貨物飛行機をチャーターすることでした。 組織は「栄養状態の予見可能な悪化を心配している」と述べています。 小切手はに支払うことができます Action Against Hunger、4 rue Niepce、75014 in Paris; CCP 28 20Wパリ; インターネット上の安全な寄付  www.actioncontrelafaim.org.

-パリのユニセフ事務所は、緊急機器をコペンハーゲンの保管センターから飛行機で送る準備ができていると発表しました。 ユニセフ「南アジア地震緊急事態」、BP 600、75006パリからの寄付。

また読みます:  石油や化石燃料からの直接汚染

-フランスの赤十字 (CRF)は、日曜日に5万ユーロを集めるためのアピールを開始した赤十字と赤新月社の国際連盟のアピールをフランス人に「中継」することをその一部として指定しました。約500.000万人を助けます。 への寄付 フランス赤十字「地震アジア」BP100、75008パリ または www.croix-rouge.fr

-飢餓と開発のためのカトリック委員会 (CCFD)は、「何十年にもわたって、この災害によって深刻な影響を受けたいくつかの地元の協会」を支援してきましたが、「できるだけ早く作業プログラムを再開できるように」これらの協会を支援するよう求めています。 寄付CCFD、4 rue J​​ean Lantier75001パリ; CCFD「緊急Asie」に支払われる小切手。 CCP 46 00F-パリ転送。

-フランスのイスラム救済は「最初の緊急援助」のために200.000万ユーロをリリースし、29万ユーロを調達することを訴えています。 CCP 19 XNUMXDパリの郵便口座またはインターネットへの寄付  www.secours-islamique.org/dons.

また読みます:  チャイナ

彼らに感謝します!

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *