津波:連帯を呼びかけましょう!

アジアの大惨事に続く素晴らしいニュース! フランスのいくつかの人道支援団体は、アジアの津波後の寄付の呼びかけを増やしています。

- フランス民relief 緊急援助で100.000ユーロを解放したと発表しました。 人道支援団体を指定する財政的寄付は、対処することができます French Secours BP 3303、75123 Paris cedex 3へ またはサイト www.secourspopulaire.asso.fr.

-組織 飢against対策 (ACF)は1996年からスリランカに存在し、貨物飛行機をチャーターして、テント、通信機器、発電機、水衛生設備を持ち込む必要がありました。 組織は、「栄養状態の予見可能な悪化を心配する」と言います。 小切手は注文に対応できます パリに対する空腹に対する行動、4 rue Niepce、75014。 CCP 28 20 Wパリ; インターネット上の安全な寄付 www.actioncontrelafaim.org.

-パリのユニセフ事務所は、コペンハーゲンの保管センターから飛行機で緊急機器を送る準備ができていることを発表しました。 ユニセフによる寄付「南アジア地震緊急事態」、BP 600、75006パリ。

また読みます: GDP、成長そして生態学:避けられない妨害!

-フランス赤十字 (CRF)は、日曜日に5万ユーロを集めるための控訴を開始した国際赤十字と赤新月社の呼び出しをフランスに「中継」すると述べた。約500.000人を支援します。 に寄付する フランス赤十字社「アジア地震」BP 100、75008パリ または www.croix-rouge.fr

-飢againstと開発のためのカトリック委員会 (CCFD)は、「何十年にもわたってこの災害で大きな打撃を受けた数十の地方協会」を支援し、これらの協会が「できるだけ早く作業プログラムを再開できるように」支援を求めています。 寄付CCFD、4 rue J​​ean Lantier 75001 Paris; CCFD「アジア緊急事態」に支払われる小切手。 CCPが46 00 F-パリに移動します。

-フランスのイスラム救済は、「応急処置」のために200.000ユーロを解放し、29万ユーロを調達するための呼び出しを開始しています。 郵便口座への寄付CCP 19 XNUMX D Parisまたはインターネット www.secours-islamique.org/dons.

また読みます: コミュニケーションエコノロジー

彼らに感謝します!

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *