非常に遅く、フランスはCNG産業の発展を心配し始めました

世界中で4万台以上の車両がNGVで稼働していますが、フランスでは3.000台しか走行していません。 高価な石油と京都議定書で定められた目標により、フランスは最近、100.000年に2010万台の目標を設定しました。

輸送がフランス人のエネルギー消費の30%、温室効果ガス排出量の27%を占める状況において、欧州委員会のグリーンペーパーは、他者による漸進的な成長を促進することの重要性を強調しています。エネルギー源と目標として、2020年までに従来の燃料の20%を代替燃料に置き換えることを設定します。

天然ガス車は、元々メーカーによって改造された標準的なガソリン車であり、1つ以上のタンク、ディップスティック、および天然ガス用の追加のエンジン電源を備えています。 現在市販されている車は、両方のエネルギーで動作するため、バイフューエルガス/ガソリン車と呼ばれます。 天然ガスタンクのおかげで、バイフューエル車は従来の車よりも平均300 km走行できます。 実際、天然ガスの自律性(モデルに応じて200から500 kmまで)には、燃料タンクの内容に関連するものが追加されますが、これは一般に変化しません。 車両は主に天然ガスで駆動され、天然ガスのタンクが空になるとすぐにガソリンへの切り替えが自動的に行われます。

また読みます:  投稿者:輸送およびエタノールバイオ燃料

続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *