非常に遅く、フランスはCNG産業の発展を心配し始めました


この記事を友達とシェア:

以上4万台を世界にCNGで実行しながら、フランスだけで循環3.000。 原油高や京都議定書で設定された目標で、フランスは最近、100.000 2010車に目標を設定しています。

輸送が温室効果ガスのその排出量のフランスと30%のエネルギー消費量の27%であるコンテキストでは、欧州委員会のグリーンペーパーは、他の漸進的成長を促進することの重要性を強調しますエネルギーおよびそのような2020、代替燃料と従来の燃料の20%表示で代替目標として固定発生源。

天然ガスに車が起源のメーカー、単に1以上のタンク、ゲージや天然ガスのための追加のエンジン供給システムを搭載したことにより、修正された標準的なガソリン車です。 現在市場に出回っている車は、両方のエネルギーを実行しているので、ガス/ガソリンバイフューエル車を呼ばれます。 その天然ガス貯留層では、バイフューエル車は従来の車両よりも長い平均300キロで走行することができます。 確かに、自律性(200 500キロでモデルによって異なります)の天然ガスは、コンテンツのガスタンクに関連するが、一般的に変わらないことが追加されます。 車両は、主に天然ガスを実行し、気体タンクが空になると、ガスへの切り替えが自動的に行われます。

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *