残留廃棄物のプラズマ処理


この記事を友達とシェア:

プラズマトーチによってガラス化。

キーワード:廃棄物処理、焼却、プラズマ事業。

ヨーロッパでユニークなノウハウ:プラズマトーチにより廃棄物焼却残渣の治療のパイオニア、Europlasma会社は、廃棄物の焼却からのフライアッシュのガラス化の最初のヨーロッパの単位を開始しました世帯。

プラズマトーチは4 500はCを°までの高温でガスジェットの生産を可能にする装置であり、 この機器の製造・販売にノウハウの独占的ライセンシーが独自に開発し、アエロスパシアルによって工業化、Europlasmaは、複数のアプリケーションで革新的な機器を提供しています。 実際、プラズマトーチは現在、ガラス化プロセス有害産業廃棄物の心臓部です。 それはまた、鋳造などの従来の産業で楽しむ管理ツールの温度です。 従ってまた、廃棄物の種類の破壊、焼却残渣の特にガラス化、アスベスト廃棄物、核廃棄物...および産業用アプリケーションの空気の使用またはの対象のために使用されていますガスが必要とされている:高炉、キューポラなど

Europlasmaを作成する場合は、2創業者、マクシムディディエ・ピノーとLabrotは、アエロスパシアルの職員プラズマ部門ながら、トーチメーカーとエンドユーザー間の「ミッシングリンク」を作成することを意図していました、つまりプラズマトーチの使用に基づいて有用な、信頼性の高いプロセスの設計。 若い中小企業ジロンドの最初のターゲット市場は、焼却残渣の治療だったとアンヴァルのサポート-withもたらした - 植物からのガラス固化プラントのフライアッシュの最初のヨーロッパの実装家庭ごみの焼却
スノン(ボルドー)。 技術的な成功は、最適なプラズマ技術の使用や工業製品のフルレンジのための開発のために必要な重要な要素の支配を獲得し、プロセスの工業的実施を継続するEuroplasmaを主導しました「世界のリーダー」になります。 日本は今日は1 800以上の植物の艦隊で、世界初のガラス化市場であります
新しい規制要件に準拠していないために有罪判決を受けている半分の家庭ごみの焼却。 したがって、今後数年間で400 15で生まれすべきである統合されたガラス固化処理とほぼ20新工場です。 したがって1999に最初に到達しました。
コベルコ科:日本の大手エンジニアリンググループとの非独占的ライセンス契約。 この第一の基準は、台湾、韓国での新たな機会を開く、会社に地域の他の成長市場に影響を与えます。

同社のウェブサイトに関するさらに詳しい情報: http://www.europlasma.com


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *