電気自動車のソーラー屋根を供給します。

この記事を友達とシェア:

ブザンソン市は40電気自動車の上に取得しています。 省エネルギーの分野では、その場(41)電気自動車の数だけ先に既にステップブザンソン市は、今では生産することによって新たなマイルストーンを通過しこれらの車両に電力を供給するために太陽光発電。
「フランスで最も重要な施設の1つ」は、
それフランスでは、その種の最大の施設の一つとなって太陽電池パネルの345 m2は、汚染や無駄なく電気に直接変換するために、市テクニカルセンターの屋根の上に太陽光を取り込みます。
市は、2つの理由のためにこの技術を選択しました。
- 最初は40 000キロワット程度の建物の近くに基づいて、30市町村の電気自動車の年間消費量に相当するものを作成することでした。
、きれいな静かで無尽蔵: - 太陽光発電などの持続的発展と環境保全への政治的コミットメントへの第2の対応は否定できない生態学的資質を提示します。
40 000キロワット以上の年間生産
多結晶太陽電池モジュールの273から成る植物は、フィールド43,2のキロワットピーク(労働党)を与えると42 000キロワット時について毎年生成することが期待されます。 生産される電力を基準に公衆配信ネットワークを配布し、EDFに売却する、キロワットでインバータ7 34 -power出力によって変換されます。
そのような実施形態の利点は、ストレージの問題を回避しながら、アプリケーションの場所で電力を生成することです。 生産はグリッドに供給され、(夜間)非製造時に、電気が電気自動車を充電するために、ネットワークから取得されます。 市場は会社BPソーラーに委託されています。 施設のコストは€260 000にのぼります。 これは、環境・エネルギー管理ドゥー用フランシュ=コンテ地域協議会及び庁からの資金で可能となりました。

ソース: 私たちの惑星

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *