受け継がれた地球

遺産としての地球、ジャン=マリー・ペルト

Fayard、(19 9月2000)

相続地

著者は常に敵対者の主張と研究がまだ払拭されていないという疑問を忠実に提示しています。温室効果と気候の進化。 空気、水、土壌の汚染; 生物多様性を維持する必要性; 遺伝子改変生物(GMO)によってもたらされる危険性。 米国の開発モデルとの戦いで、心配しているモンサント社によって具現化されました…彼はあきらめるタイプではないため、ジャンマリーペルトは常に具体的な対策と代替ソリューションを提供しています盲目的な生産主義、災害を抑えるための常識的な方法

経済学のコメント
明らかに不可欠なことですが、この本は時々少し致命的に見えることがあります。 うまくいけば、地球は認識されていない再生能力を持っています...

また読みます:  エコ経済:もう一つの成長が可能であり、生態学的で持続可能

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *