地球遺産


この記事を友達とシェア:

ジャン=マリー・ペルト
Fayard(19 9月2000)

terreの

サマリー
著者は常に忠実に研究が払拭されていないことを彼の相手との疑問の引数があります:温室効果と気候変動を、 大気汚染、水質や土壌、 生物多様性を維持する必要があります。 遺伝的組換え生物(GMO)の危険性; あきらめするタイプではないので...米国から来たと乱すモンサントによって具体開発モデルと戦って、ジャン=マリー・ペルトは、常に具体的な措置、代替案を提案しています大惨事を停止するブラインドproductivism、常識の方法

コメントのエコノロジー
明らかに不可欠な、この本は時間に多少運命に見えるかもしれません。 地球が再生能力を無視していることを願っています...


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *