ダウンロード:説明:タービン内の水蒸気の電離熱または原子力発電所


この記事を友達とシェア:

このドキュメントでは、理論を補完するものであり、水ドーピングシステムGまたはG +での水蒸気の電離

関係に英語で完全に文書化 蒸気の電荷の蒸気、pHおよび濃度に含まれる水滴の大きさ。

研究は、出力電力の蒸気タービンに行われます。 研究の目的は、理解し、火力発電所(210 MW)および核(1000MW)の蒸気タービンの腐食を制限する蒸気の電気的負荷を調査することです。

研究の結論:

- 全電荷は常に負です。
- 電荷が液滴サイズに依存します:小さな負に帯電したと正に大きくしています。
- 拡大する蒸気は、電気的に帯電するが、この現象はよく理解されていません。
- 蒸気の負担は、原子力発電所のタービンにはるかに大きいが、これは十分に説明されていません。 pHの影響であると仮定されます。

LP蒸気タービンにおける粗微動液滴の帯電

ペトルV.および流体力学のM.Kolovratník学科とパワーエンジニアリング、チェコ工科大学、Technicka 4、166 07プラハ、チェコ共和国Eメール:petr@fsid.cvut.cz、kolovrat@fsid.cvut.cz

湿った蒸気負荷密度の細かい及び粗い液滴の個別の寄与が提示されています。 テストは、原子力や化石0 1000 MW MW LP蒸気タービンのL-210Rブレードの出口でMOYENデ組み合わせ消光と負荷プローブによって行われました。 微細な液滴の負の負荷が粗い液滴の正電荷と一緒に観察されました。 かなり大きい荷重密度は、蒸気凝縮物のより大きなpH値を有する核LP蒸気タービンで検出されました。 相関関数アントレレ荷重と微小液滴のサイズは、充電モデルの解析に用いることができることが示されています。


ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) 説明:タービンの熱や原子力発電所で水蒸気の電離

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *