ダウンロード:ソーラーオーブン調理器シェフラー、製造のための詳細な計画

この記事を友達とシェア:

リフレクターソーラークッカーシェフラー2m2のマニュアル建設。 日とクックはあなたに喜びを与えます!

ダニエルPhilippenエイドリアンコンラート、ベンジャミンLeimgruber。 ヴォルフガング・シェフラーの助けを借りて、平家Hoedt(ソラーレブリュッケ)

翻訳:ウィリアム・ルノー

このドキュメント56ページは、高品質の放物線状の濃度と太陽調理器を構築する方法をステップバイステップで説明しています。

ソーラークッカーソーラークッカー

シェフラーリフレクタ調理器の使用のための提言2m2

セキュリティ:
- 代わりに入力(焦点リング)のサブウーファーの周りに約1mの領域で
可燃性物質が存在している必要があります。
- 鋼ダンパーに、例えば、濃縮された光を見てはいけません。 サングラスを使用してください!
- あなたの目を保護するために会場ボックスからパンを削除する前に、バルブを閉じてください。

ポジショニング:
- コンパスの助けを借りて、南北方向に炊飯器を取り付けます。 調理エリアは北と南の反射でなければなりません。
- 調理場所は伸縮脚部と第2の脚部を調整することにより、アップグレードされていることを意味し、フラットソーラー調理器を置きます。
- それは風で転倒しないようにするためには、地面に太陽調理器を固定することをお勧めします。

設定:
- 太陽に向かって、その回転軸の周りに反射鏡を移動するには、追跡システムが正確に整列します。
- 季節調整:調整や変更の2テレスコピックチューブを緩め
光線までの横軸の周りに反射体の傾き
クローズ制御弁に到達します。 今リフレクタの一端を固定するためのテレスコピックチューブを締めます。
1)は、第二伸縮管を通して反射板を上下に移動してください。
ことにより、第2伸縮管を遮断する、ネジを締めた後、可能な限り小さく焦点を取得します。
2)次に、最初のブロックされたチューブを緩め、反射体を移動を作りました
できるだけ具体的な焦点を得るために低いです。 その後、第二のネジを締めます。
もはや得るまで、必要な回数だけ、これらの手順を繰り返し
改善。

料理:
- 調理場所にパンを設定して、バルブを開きます。
- 高導電性材料(例えば、アルミニウム)で、厚いベースでのポットの使用は、熱が最大である中心部に食品を燃やし避けることができます。
- パンの外側のベースは、太陽光を吸収するために黒でなければなりません。

メンテナンス:
- ギアの摩擦カプラは抵抗する能力を変更することができます。 インクルード
ピニオンのバネ接触圧がナットとM12で調整することができます
ナットに対するM12(19mm 2キーを使用)。
注意:締めたり緩めて、ギアボックスの軸に力を加えないでください
ナットに対して。
- シャッターのスプリングも同様に調整することができます。
- 反射面をクリーニング液体食器スポンジまたは布を使用することができること。 食器用液体の滴で表面を洗浄(ので、水のないドロップが反射面上に残っていません)。

詳細: 太陽オーブンシェフラーを作ります

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) シェフラーソーラーオーブン調理器具、製造のための詳細な計画

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *