ダウンロード:CSPE:電気の公共サービス料、2009を予測


この記事を友達とシェア:

公共サービス電気料金の2月11 2009におけるエネルギー規制委員会からのコミュニケーションと2009の単位貢献



セッションに参加しました:氏フィリップ・ド・Ladoucette、社長、マイケル・ラペア、副社長、氏モーリス・メダ、副社長、ジャン=ポール・AGHETTI、エリックDYEVREとエマニュエル・ロドリゲス、委員が。

9 2008 10月、エネルギー大臣へのCRE電気と2009にユニットの貢献のための公共サービス料のための提案。 コストをカバーするためにユニットの貢献度(CSPE)は€4,8 / MWhと見積もられていた(または0,0048€/ kWhで)

注文が2009 2008 2月から法律第2009-5の記事2000の第十二項に基づき、年が自動的に108のために更新され10、2000 CSPEのためCSPEを設定せず。 CSPE適用2009 4,5は€/ MWhとそのためです。

大臣にCRE提案するので、2009の計算では、いくつかの中間の経済データは、費用は2009、ガス販売価格の下落、賃金ガス中TICGNの統合のための(下の商品価格を進化させてきたと推定しましたなど)。

この通信では、CREは、公共サービス料金の評価を出版します
2009は、前方€352,6 2万人にそれをもたらし、考慮に237,6百万€電荷量の増加を引き起こし、これらの新しいデータを、取ります。 それは、公共電気サービス料を補償するための7 2004 1月から政令-90 28の記事2004に従って、関係事業者への課金を通知するものとする。この通信に基づいています。

これらの費用をカバーするために必要な貢献が5,8€/ MWhとなります。 この量は、現在規制関税5 kVAのベース(非サブスクリプション)または10€/ MWhとの2000%に等しい法2月7 6条5,6によって設定された上限を超えます。 この貢献との違い
効果的な貢献が予想拠出ベースに基づいて€482万人と見積もら回復赤字を誘発します。

このカバー赤字が前向きな公共サービスの計算に考慮されますEDFと電気デマヨットのデフォルトの補償を誘発するであろうことは、これらの演算子の2011を充電し、したがって、その日に埋めることはできません。

この文書では、特にEDFとによって、再生可能電力の償還がそれに数字を置く方法への洞察を提供します。

詳細: ディスカッションフォーラムCSPE


ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) CSPE:電気の公共サービス料、推定2009

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *