ダウンロード:CSPE:公共電力サービスの担当、2009年の予測

11年2009月2009日のエネルギー規制委員会からの電力の公共サービス料金とXNUMX年のユニット貢献に関する連絡

セッションへの参加:フィリップ・ド・ラドゥーチェテ氏、社長、ミシェル・ラペレ氏、副会長、モーリス・メダ氏、副社長、ジャン・ポール・アゲッティ氏、エリック・ディエブレ氏、エマニュエル・ロドリゲス氏

9年2008月2009日、CREはエネルギー担当大臣に、電力の公共サービス料金と4,8年のユニット貢献に関する提案を送信しました。料金をカバーするユニット貢献(CSPE)が評価されました。 0,0048ユーロ/ MWh(つまりXNUMXユーロ/ kWh)

2009年のCSPEを設定する命令がない場合、2008年のCSPEは、2009年5月2000日の法律n°108-10の第2000条の第2009段落を適用して、4,5年に自動的に更新されます。したがって、XNUMX年に適用されるCSPEはXNUMXユーロ/ MWhです。

CREの大臣への提案以来、2009の予測料金の計算に関係する特定の経済データが進化しています(2009の先物市場価格の下落、ガス販売価格の下落、TICGNのガス報酬への統合など)。

また読みます:  博士Laigretによって合成油:ダウンロード

この通信により、CREは公共サービス料金の査定を公開します
2009年の予測では、これらの新しいデータを考慮に入れると、352,6億2万ユーロの費用が増加し、237,6億7万ユーロになります。 この連絡に基づき、2004年90月28日の政令第2004-XNUMX号の第XNUMX条に従い、電力の公共サービス料金の補償に関する料金を関係事業者に通知します。

これらの料金をカバーするために必要な貢献は5,8€/ MWhです。 この金額は、5年10月2000日の法律第7条で設定された上限を超えており、規制されている6 kVAの基本販売料金(サブスクリプションを除く)の5,6%、つまり現在XNUMX€/ MWhに相当します。 この貢献との違い
有効な拠出は、予測拠出ベースに基づいて推定482億XNUMX万ユーロの回復赤字を誘発します。

この回復の赤字は、EDFとElectricitédeMayotteの補償のデフォルトを引き起こします。これは、これらのオペレーターの2011年の予測公務員料金の計算で考慮されるため、この期限まで埋めることはできません。

また読みます:  ダウンロード:木材暖房に関する研究:緑の炎、触媒燃焼と排煙ろ過

この文書は、EDFによる再生可能電力の買戻しの運用について、特に数値をそこに置くために、より良い理解を提供します。

詳細: CSPEに関する議論 forums

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) CSPE:公共電力サービスの担当、2009年の予測

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *