湿った空気燃焼:説明と公演


この記事を友達とシェア:

蒸気ポンプと湿式燃焼:説明と性能
著RémiGuillet著。

水蒸気ポンプ

1970の初期の年に凝縮熱発生器(燃焼生成物)の研究開発を始めて、これは当時ガスであった新しい燃料のフュームの大気凝縮を制限するために当然のことながら、このタイプの熱発生器を通じた燃焼効率を相関的に高めるためには、1973のオイルショックから生じるエネルギー危機は私にその分野を広げるためにこのように続ける機会を与えるべきアプリケーション(確かに非常に限られている!)。

実際、熱発生器内での燃焼からの水の効果的な凝縮は、「冷たい源」の最低温度、またはボイラーの場合にはそれに入る水の温度を仮定している。それは、燃焼から生じるガスの露点温度(すなわち、天然ガスの燃焼生成物の場合にはおよそXNUMX℃)より低い。

水蒸気は純粋ではなく、凝縮は等温ではなく、そして有意な凝縮は少なくとも露点温度より少なくともXNUMX℃低い燃焼生成物の排除を仮定することさえ観察されることができる。凝縮発電機の応用分野を大きく制限する。

それでは、ボイラー戻り時の熱水による加熱ループの水の温度が70°Cに達することを知って、この応用分野をどのように広げるか? 燃焼生成物の加圧、他のガスからの水蒸気の分離? 1973のオイルショック後の熱的研究に関わるエンジニアや他の学者によって考えられている多くの解決策。



私の知る限りでは、提案された解決策は、(最終的な)出て行くガス間のエンタルピーの交換によって、熱発生器を通過する燃焼生成物中の水蒸気の電圧を増加させることであった。 - 凝縮発生器内の、またはより頻繁には従来の発生器に関連する復熱装置/凝縮器内の第1の凝縮シーケンスの終わりに水蒸気および燃焼空気で飽和されている。入ってくる空気を予熱することによって、および出て行くガス側での水蒸気の最終的な凝縮から生じて、この水の入ってくる空気への蒸発によってリサイクルされることによって生じる残留凝縮の潜熱について、このように湿った。

量的な観点から、そしてこの取引の最終段階では、復熱装置/復水器を出るガスに含まれる水蒸気の汲み上げがあるかのように、すべてが蒸気ポンプで起こる。この蒸気を入ってくる空気にリサイクルする。

相関的に、この交換の終わりには、スタックに放出される顕熱および潜熱がほぼゼロになるので、燃焼効率は最大可能値、すなわち(燃料のより高い発熱量に対して)XNUMX%に達する。

ドキュメント内の以下

詳細: についてR.Guilletが説明した「湿式燃焼」 forums

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) 湿った空気燃焼:説明と公演

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *