湿った空気燃焼:説明と公演


この記事を友達とシェア:



蒸気ポンプと湿式燃焼:説明と公演
レミGuilletによって。

蒸気ポンプ

時間、ガスに新たた燃料の空気の煙道ガスの凝縮を制限するために凝縮炉(燃焼生成物)の研究開発の初期1970年に開始しました自然、それに対応して発熱体のこのタイプの燃焼効率を向上させる、1973のオイルショック後のエネルギー危機は、その範囲を拡張するためにこのルートを追求する機会がありました(真実の非常に小さい!)アプリケーション。

確かに、発熱体に燃焼中に生成された水の効果的な凝縮が前提と "冷たいソース」、またはボイラーの場合にはそこに入る水の温度の最低温度、生成された燃焼ガスの露点温度よりも低い(約60℃の天然ガス燃焼生成物の場合)。

水蒸気が純粋でないことを観察することができ、結露が等温と有意ではない凝縮少なくとも15℃以下燃焼生成物の除去を伴う露点温度言っ制約大幅ジェネレータフィールドを凝縮の適用を制限します。

だから、どのように温水ボイラーを返すことによって加熱ループ内の水温が70℃に達するという知識の範囲を拡大するには? 燃焼生成物の加圧、他のガスから水蒸気を分離? 1973のオイルショック後の熱研究に関わるエンジニアや他の学者によって提案された多くのソリューション。

私の場合には、提案された解決策は、送信ガス(の交換(最終的な)エンタルピーを行う、炉内燃焼生成物中の水蒸気の張力を増加させることでした凝縮炉内の凝縮の第一の配列の端部に水蒸気で飽和又はより頻繁に、従来の発電に伴う熱回収/凝縮器で)と、燃焼用空気、交換の両方に関連する前記流入空気を予熱することによってリサイクル残留顕熱、および発信ガス側からの水蒸気の究極の凝縮後の残留凝縮潜熱と入ってくる空気中のこの水の蒸発によってリサイクル同様に湿らせました。

発信ガス回収/コンデンサーに含まれる水蒸気をポンプがあったかのように見るのと交換のこの最終段階での定量的な観点から、すべてが蒸気ポンプで発生します入ってくる空気中のこの蒸気のリサイクル。

これに対応し、この交換の終わりに、ほぼゼロになって煙突に放出賢明かつ潜熱は、燃焼効率は、(燃料の総発熱量に基づいて)その最大値または100%に達しました

文書に以下の


詳細: R.Guilletによってフォーラムで説明された「湿式燃焼」

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) 湿った空気燃焼:説明と公演

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *