Cleanova®電気駆動システムは、納得するまでに2年かかります

研究プログラム(PREDIT)の一環として、100%ElectricCleanova®モーター化システムは2年前(2005-2007)であり、専門家を説得し、ビジネスやコミュニティ向けに2007で販売されることを期待しています。

輸送部門は、大気汚染、騒音、温室効果ガスの排出、石油価格の上昇など、多くの環境およびエネルギー問題の中心にあります。 これが、従来のエンジンの改良、特に、新しいモーター駆動モード:電気、水素またはハイブリッドエンジン、いくつかのモーター駆動モードを組み合わせたものに関して多くの研究が行われている理由です。

5年の研究を経て、ソシエテドゥヴェヒキュレスエレクトリック(EVS)*は現在、Cleanova®と呼ばれる電気駆動システムを提供しています。 このデバイスには、全電気バージョンとプラグインハイブリッドバージョンの2つのバージョンがあります。

全電気バージョンは、セクターで充電されたバッテリーからすべてのエネルギーを引き出し、市内で約200 km、約8時間走行できます。
プラグインハイブリッドバージョンには、必要なときに電動モーターを引き継ぐことができる発電機が組み込まれているため、車両の走行中にバッテリーを充電できるため、航続距離はほぼ500 kmに拡大します。

続きを読みます

また読みます: BMW C1:ケーススタディ

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *