Sylvain David:ここから2050へのエネルギー源は何ですか?

世界のエネルギー生産量は毎年10億トンに相当します。 これは、主に石油、ガス、石炭によって、地球レベルで非常に不均等な方法で提供されます。 富裕国が浪費する場合、多くの発展途上国および人口が非常に多い国々は、今後数十年で消費を大幅に増加させる傾向があります。 エネルギーシナリオでは、50年までに世界のエネルギー生産が300〜2050%増加すると予測しています。化石燃料に基づいた現在のモデルでは、このような増加ができないことはすでに明らかです。その埋蔵量は限られており、その使用は大きな気候変動の原因となる大量のCO2排出につながります。

今日、新しいエネルギー源の開発は、需要をコントロールするためにできるあらゆる努力に不可欠です。 これらの代替ソースはよく知られており、比較的よく定量化されています。 原子力は、急速に利用可能な唯一の大規模ソースであるように見えますが、資本の大規模な動員と国民の受け入れが必要です。 太陽エネルギーは重要なソースですが、その実装は非常に高価で複雑なままです。 ただし、電気ネットワークのない分野ではすでに競争力があります。 風力エネルギーは限られた堆積物であり、おそらく発電量の10%を超えず、常に断続的かつランダムに発生します。 バイオマスは、大規模に開発するための興味深いが難しい道です。 他のソース(地熱エネルギー、波、潮など)は強い需要を満たすことができないようです。 エネルギー貯蔵(特に水素)は習得にはほど遠い。 これは大きな技術的課題であり、将来的に断続的なエネルギーをより魅力的にする可能性があります。 最後に、熱核融合は大規模なソースを表しますが、世紀の終わりまで利用できない場合があります。

また読みます: 太陽エネルギーを取り込むプラスチックですか?

世界中の原子力発電の開発が間違いなく温室効果と戦う最も速い方法であるならば、これは決して十分ではないでしょう。 私たちが直面するエネルギーと気候の課題には、化石燃料を使用して発電所から排出されるCO2を回収し、再生可能エネルギーを持続的に開発することが必要です。 化石燃料の代替品には欠点がありますが、まだ選択肢があるかどうかは不明です

会議を聞く



Sylvain Davidは1999年以来、オルセーの核物理研究所でCNRSの研究員です。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *