シルヴァン・デビッド:2050によってどのようなエネルギー源?


この記事を友達とシェア:

エネルギーの生産は世界的に年間石油換算(つま先)の10億トンに達しました。 これは主に石油、ガスと石炭を通して行われるため、世界で非常に不平等。 豊かな国は無駄にした場合、多くの国が発展し、人口の多いされている合法的に大量に今後数十年間に彼らの消費を増加させる傾向があります。 エネルギーシナリオは50によって世界のエネルギー生産の300 2050%の増加を予測しています。 それは、このような増加は、その埋蔵限定されている化石燃料に基づいて、現在のモデルになることがすでに明らかである、の使用はCO2を担当する大規模な排出につながります偉大な大きさの気候変動。

新エネルギー源の開発は、我々は需要を制御する際に行うことができますどのような努力、今日が不可欠です。 これらの代替の供給源は、よく知られており、比較的良好に定量化されます。 原子力発電は急速に拡張するために利用可能なソースとしてのみ表示されますが、大幅な設備投資や公共同意する必要があります。 太陽エネルギーは重要な源であるが、その実装は非常に高価で複雑なままです。 ただし、電力系統ない領域で既に競争力があります。 風力エネルギーは、少額のデポジットを表し、おそらく断続的かつランダムにまだ電力生産の10%を超え、かつます。 バイオマスは興味深いアプローチですが、大規模な開発が難しいです。 他の供給源(地熱、波、潮が...)旺盛な需要を満たすことができないようです。 (水素を含む)エネルギーの貯蔵は、制御下には程遠いです。 これは、主要な技術的な課題を表しており、将来的に断続的なエネルギーそれらをより面白くすることができます。 最後に、熱核融合は、大規模なソースを表しますが、世紀の終わりまでに利用できない場合があります。

世界レベルでの原子力発電の開発が間違いなく温室効果との戦いの最速の方法であるならば、これはどんな場合でも十分ではない。 私たちが直面するエネルギーと気候の課題には、化石燃料に基づく工場が排出するCO2の捕獲と再生可能エネルギーの持続可能な発展の実施が必要です。 化石燃料に代わるものには欠点がありますが、

会議を再生します



シルヴァンダビデは1999以来CNRSオルセーの核物理研究所の研究を担当しています


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *