スイスは風力発電からの電力生産を開発したいと考えています

スイスは、SuisseEnergieプログラムを通じて、50年までに風力を使用して100〜2010ギガワット時(GWh)の電力を生産するという目標を設定しました。その後、電力生産における風力エネルギーのシェアは、現在0,01%から0,1年間でXNUMX%。
その後、連邦は2025年までに、風のおかげで国の電力消費量の0,5%、つまり300GWhをカバーすることを望んでいます。 これは、189〜12スイスフランセンチメートル(25〜8ユーロセンチメートル)の電流を生成できる17の風力タービンの作業を表しています。
キロワット時。

風力タービンの設置のために選択されたサイトは多数あります。96の「優先」サイトと、州または地方自治体の計画の枠内にすでに存在する12のサイトを含む合計16のサイトです。 これらのサイトの大部分は、ジュラアークとアルパインアークにあります。
ヨーロッパでは、過去7000年間で風力発電が劇的に成長しました。 パイオニアであるドイツには、45を超える風力タービンがあります。 バーデン・ヴュルテンベルクのドイツ地域だけでも、スイスの80倍のエネルギーを生み出しています。 地理的にスイスに匹敵するオーストリアは、XNUMX倍の風力を持っています。 「したがって、スイスは風力発電の可能性を開発する必要があります」と、SuisseEnergieプログラムの責任者で連邦エネルギー局(SFOE)の副所長であるMichaelKaufmann氏は強調します。

また読みます:  エネルギー:ユニットを超えてエネルギーをテストしようとするGaleyの試み

コンタクト:
-連邦エネルギー局(OFEN)-
http://www.suisse-energie.ch
出典:Energie Extra、連邦エネルギー局からの情報
(SFOE)およびSwissEnergy、10 / 2004

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *