スイスは、風力タービン原点から電気の生産を開発したいです


この記事を友達とシェア:

SwissEnergyプログラムを通じて、スイスの目的は、電気の50 100のギガワット時間(ギガワット時)を生成することである風のおかげでここ2010を持っています。 電気の生産における風力エネルギーのシェアは6年間で現在0,01%0,1%から増加するであろう。
その後、連盟は2025により、0,5%が国家電気や300ギガワット時、風のおかげでの消費をカバーするために、願っています。 これは、(189と12セントの間)25と8セントスイスフランの間で電力を発生させることができ、作業17風力タービン表し
kWhと。

風力タービンの設置のための選択されたサイトは多数ある:全部で96サイト、すでにカントンまたは市町村計画の枠組みの中で存在して12「優先度」サイトと16サイトなど。 これらのサイトの大部分は、アークジュラやアルプスに位置しています。
風力タービンのエネルギーは、ヨーロッパでこれらの最後の10年間の急速な発展を踏襲しています。 先駆者で、ドイツは7000の風力タービンよりも多くを持っています。 バーデン・ヴュルテンベルク州の製品のそれ自体で、ドイツの地域スイスより45倍のエネルギー。 オーストリア、スイスに地理的に匹敵する、風力タービンの電力80の倍以上所有しています。 「スイスは、従って、その風力発電の可能性を開発する必要があり、「マイケル・カウフマン、SwissEnergyプログラムとエネルギーの連邦庁(FOE)の次長の頭部を言いました。

コンタクト:
- エネルギーの連邦庁(FOE) -
http://www.suisse-energie.ch
ソース:エネルギーの連邦庁の余分なエネルギー情報
(FOE)とSwissEnergy、10 / 2004


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *