深い岩に温室効果ガスを貯蔵する

ベルリン工科大学の科学者は方法を探しています
CO2温室効果ガスを岩に保存します。 化石燃料がついに地球から消えたとき、貯蔵されたガスは二酸化炭素の供給源として使用できます。
2005から、京都議定書の下で、保護のため
気候変動、CO2排出量は、25%に比べて削減する必要があります
1990
10000についてヨーロッパの施設はこれらの対策に関心があり、その中のドイツの2500はそうです。 最初の懸念は電力供給業者だけでなく、製油所、コークス工場、
鉄鋼業だけでなく、主要なエネルギー消費者。
ドイツは、ヨーロッパで圧倒的に最大のCO2の生産国です。 するために
大気中のCO2の排出量を削減し、貯蔵すると考えられていた
直接温室効果ガスを地下に。
教授 ベルリンの工科大学(TU)の地球科学研究所のWilhelm Dominik博士は、天然ガスの伝統的な貯蔵を含む適切な貯蔵技術を研究しています。 また、天然ガスとは異なり、二酸化炭素は可燃性でも爆発性でもないため、パイプラインやタンクローリーを使用して安全に輸送できます。 700メーターと1200メーターの間で最適な深さに保管すると、ガスは液体になり、適切な地質構造内で逃げません。
多孔質の岩、理想的には砂岩または石灰岩は、地層の貯蔵に最適です。 CO2を岩に保管するためのもう1つのオプションは、古いガスまたはオイルキャビティです。
CO2の唯一の自然貯蔵場所である海上での廃棄は、環境上の制約により今日も拒否されています。
ドミニク博士のチームは、実験室で岩石の特性を分析し、
液相との相互作用をシミュレートします。 構造の幾何学
適切な岩石が地震データに基づいて再構築され、
3-Dの表現は、数学者の助けを借りて作成されます
フロープロセスをシミュレートして視覚化するTU。

また読みます: 成功の身代金!

コンタクト:
-教授 ウィルヘルム・ドミニク博士-Fakultat VI Bauingenieurwesen und Angewandte
Geowissenschaften-電話:+ 49(0)30 314 25903-電子メール:
wilhelm.dominik@tu-berlin.de-
http://www.tu-berlin.de/presse/pi/2004/pi269.htm
出典:Depeche IDW、Berlin TU Press Release、25 / 10 / 2004
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *