市民になる:もっと汚染する!

私たちの社会が石油に依存していることのもう一つの証拠と、仲間の市民をゴーゴーに連れて行く政治家の二重の言説。

この冬、ユーザーの安全性を高めるために、30年2004月27日から2005年XNUMX月XNUMX日まで、全国の自動車の昼間の走行灯のテスト期間が行われます。

ただし、欧州委員会自体は、2001年1998月に欧州レベルでこの措置を導入することを目的とした指令案を放棄し、1975年以降ランデスで実施された試験運用では、関連性に関する結論を引き出すことができませんでしたそのようなプロジェクト。 一方、弱いユーザーを危険にさらすことは非常に現実的です。 XNUMX年以来、バイカーはライトを点灯して運転し、他の車両の真ん中で簡単に識別できるようになりました。視認性が失われます。 サイクリストは光の暴動にdrれます。 歩行者に関しては、車両に近づいたときに隠れることは歩行者ではなく、警戒することがドライバーであることに注意してください! ヨーロッパの歩行者、自転車、自転車のすべての協会は、プロジェクトに反対を表明しています。 しかし、その後 フランス政府はなぜこの措置に熱心なのですか?

また読みます: E85:エタノールまたはETBE?

ヘッドライトが点灯している車はより多くを消費するためです。 TIPPを介したこの過剰消費により、650億1万ユーロが国家に持ち帰られると推定されています。 この春、私たちは、フランスの燃料消費量が過去1年間で23%減少したことを知りました。これは、州全体で07億ユーロの純損失です。 この不足分を補う必要がありました。 私たちはすでに欲張りでない車両の購入を促進するトラップ対策を通過しました(XNUMX/XNUMXからのニュース)。

明らかに、ロビーはもはや圧力をかける必要さえありません。 短期的に考え、変化に賭けるのではなく、石油の利益を選択するとき、私たちのリーダーは惑わされます。

PS:バイカーの友達、18月19日とXNUMX日の行動日を忘れないでください。 私たちはあなたの連帯を知っています!

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *