風力タービンオフショアエネルギーの生態系への影響に関するセミナー


この記事を友達とシェア:

地域および連邦省庁の専門家が関与するエネルギーオフショア風力タービンと45の使用をテーマに会議は、関係当局や研究機関は、リューネブルクの大学で4月14 2005に行われました(ニーダーザクセン州)。

風力発電所のうち、実際に排他的経済水域(EEZ)で構築する必要があり、それは北海とバルト海に言うことですと、12海里のエリア外でした。 など、およびリューネブルク、ルンゲ、オフィス海外経済協力業務Umweltplannungハンブルクの大学の環境の連邦省(BMU)、氏Schomerusのリーダーシップの下で働く研究チームの要求として、氏Nehlsは、同社のバイオは、「戦略的レビューと沖合EEZにおけるエネルギーの風力タービンの使用の生態系への影響の見通し」と題した研究プロジェクトで、シュレスヴィヒホルスタインを参照してください。

リューネブルクで開催されたセミナーでは、最初の結果を提示する機会が特殊な公開されました。 テーマはハンブルクでまもなく開始されますEEZにおける地域計画に関する公聴会のための強力な注目を集めています。 D'政府の目標の後、洋上風力発電は、ドイツでのエネルギー需要の2025 15の%によってカバーする必要があります。 これは25.000メガワットの合計を表し、それは5.000の風力タービンは、北海に内蔵されるべきであると言うことです。

水路および海洋航行の連邦庁(BSH - Bundesamt毛皮ウント水路Seeschifffahrt)の代表ハンブルクのは、研究成果により、特に興味の時計です。

すべての法的問題の種類最初に議論された、だけでなく、鳥やネズミイルカのパスに風力タービンの設置の結果として非常に実用的な問題。 環境への影響は、常に負証明していません:例えば、風力発電所の産業の釣りは、このように魚のための効果的な自然保護区を作成する、ことはできません。

TOPICSは中心的な問題は、様々な影響の和に起因する累積的影響でした。 この評価は、国家レベルに制限することができない、それは北海とバルト海の他の州との協力で行われなければなりません。 様々な参加者は、公式の手続きと平行に、累積的効果に特に研究が激化しなければならないことに合意しました。 風力エネルギーの利用はまだ始まったばかりです。

コンタクト:
- ヘニングZühlsdorff - リューネブルク大学 - TEL:+ 49 4131 78 1007、ファックス
:+ 49 4131 78 1097 - 電子メール:zuehlsdorff@uni-lueneburg.de
ソース:デペッシュ・IDW、リューネブルク大学のプレスリリース
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *