1er 4月7 2008の持続的発展の週

この記事を友達とシェア:

持続可能な開発の週には、次の週になります。

持続可能な開発の週の組織(SDS)は、11月2002で内閣総理大臣が決定しました。 エコロジー、開発・持続可能な開発省(MESD)によって導かれ、この操作をすることを目指しています。

- 持続可能な開発(経済開発、環境保護、社会の進歩)とそれらに必要な相補性の構成要素について国民に知らせる:社会の進歩と環境保護なくして経済発展はありえません。

- 持続的発展のために採用して良い毎日の習慣を説明することにより、意欲と支援行動の変化。

持続可能な開発週2008

週のテーマは、持続可能な生産と消費を2008ます。 このテーマは、持続可能な開発の3部品の接合部です。

生産と消費の私達のパターンは、持続的な発展に直接影響を持っている:私たちは製品を購入するとき、我々はまた、したがって、生産者たちの労働条件、製造条件、製品の進化と破壊を購入し、地球上と人間への影響。

テーマ持続可能な生産と消費に基づいて、彼らの行動を整理しなければならない参加者は、彼らが知らせるために、その様々な側面(廃棄物、エネルギー、フェアトレード、輸送、エコラベル、住宅、観光、レジャー...)で処理することができ、公衆を教育し、それを日常生活で行動するための手段を与えます。

特別情報: の学生 エコーMoteur²プロジェクト 水のドーピングはGillierパントンは、今週とドゥエへ4 5 4月に参加します。

詳細: ノール=パ・ド・カレー・プログラムは、鉱山のドゥエ学校のエコー-Engineプロジェクト(Gillierパントン)でダウンロード

エコーmoteur²プロジェクト進行中

週の検索エンジン1939 2008イベント

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *